<大相撲夏場所>◇五日目◇5月17日◇両国国技館


 4連勝と今場所、波に乗っている前頭四枚目の正代(時津風)が、前頭六枚目の千代翔馬(九重)を寄り切りで破って5連勝を飾った。


 AbemaTVで解説を務めていた元小結・豊真将の立田川親方は「受け身からの正代」と切り出すと「頭から激しく当たった千代翔馬をしっかりと受けましたね。正代の相撲は“受け”から入る。その背筋力の強さ、体の柔らかさを生かして天性的な相撲を取ります。また正代の左からの差しは、“ただ差す”だけではなく、自然と上に向くので、相手は持ち上げられてしまう」と、正代の強さの秘密を明かした。

 しかし、話はここからあらぬ方向へ脱線した。


 前日、4連勝を決めた後の正代の「本当に疲れた。体の動きはいいけど、まだ上位と当たっていないですから」というコメントが紹介されると、ゲスト出演していた“スー女”の山根千佳が「ネガティブですね」と笑い、立田川親方が「ネガティブ男子ですか? そういうネガティブな面も含めて応援したいというファン心理かな」と応じる一幕があった。

 

 さらに「取組の相手を想像するだけで、緊張からご飯が食べられなくなる」という正代のコメントも飛び出すと、「かつて高見盛という関取は、緊張して寝れなくなるので、会場に着くまで相手が誰だか確認しなかった」と高田川親方が続けた。すると今度は山根が「今では勢(伊勢ノ海)関がそうですね。ただ正代関もそうですが、みな、土俵に上がると普段の弱気が一変する。そのギャップが良いですね」と話を締めくくった。


 AbemaTVでは、大相撲夏場所の模様を序ノ口から結びの一番まで、全取組を生中継している。

(C)AbemaTV

▶大相撲LIVE 夏場所