民泊業界において内登録数No.1の民泊運営管理システムm2m Systems」を展開するmatsuri technologies株式会社東京都新宿区、代表取締役:吉田汰)は、2018年5月13日に登録件数が15,000施設を突破いたしました。



matsuri technologies株式会社ではインバウンド消費を支える民泊事業者を支援するとともに、訪日外国人満足度向上や健全な民泊市場の発展のためのソリューションを開発しております。

URLhttp://m2msystems.info

m2m Systemsとは?

m2m Systems」は、内登録件数15,000施設をえる複数のAirbnbアカウントを制限しに複数登録・一元管理できる、内最大の民泊管理ツールです。

事業者の方々は、民泊運営するにあたり日々様々な業務を抱えております。特にゲストからのメッセージ対応や、トラブル対応。清掃手配等が多くを占めており、そこにかかる工数、コストを削減する為にm2m Systemsが全のホストの方々にご利用いただいております。

m2m Systems 特徴】

1.自動メッセージ

特定タイミングで定文を送信する機です。
深夜の予約に対してもインストラクションメールの送信及び、リマインダーメールの送信し忘れを防ぎます。

2.よくある質問の回答をテンプレートで登録

ゲストからのよくある質問に合わせて定文を自由に設定可な機です。
文章を入する時間をき、返信の質が向上いたします。

3.Airbnb上の複数アカウントを一元化

複数のAirbnbアカウントを持つ民泊事業者の方が一つのシステムで一元管理できる機です。
作業効率が向上し、複数の物件からくる様々な問い合わせに対し、素い対応が可となります。

4.リアルタイムで清掃状況を把握

最新の清掃日が把握でき、清掃員の割り当て、リアルタイムで清掃員と連絡が取れる機です。
清掃手配のミスが減る事でゲストからのクレームトラブル減されます。





今後もシステム開発を進め、民泊運営のさらなる効率化と民泊事業者への収益貢献に尽して参ります。

m2m Systems」へのお問い合わせ先
matsuri technologies株式会社
新規事業部 吉田渡邉
電話番号:03-6228-0440

Mail: info@matsuri-tech.com


matsuri technologies株式会社 事業概要
matsuri technologies株式会社は民泊業界において内登録数No.1の民泊運営管理システムm2m Systems」を展開する不動産テックカンパニーです。
新しい不動産投資の世界し、様々なサービスを展開しております。
2018年6月に民泊新法が施行され、大手企業も続々参入を発表し、更なる市場の拡大や健全化されていく中でこれまでの事業ノウハウや知見を活かして様々な形でより価値のあるサービスを展開していきます。

matsuri technologies 提供サービス
m2m premiumhttps://www.m2mpremium.com/
適法民泊&二毛作民泊運用代行サービス

m2m Basichttp://m2mbasic.info/
総実績500を誇るAirbnbメッセージ代行サービス

m2m Systems】https://www.m2msystems.info/
総登録施設数15,000施設をえる、内登録数No.1の民泊管理ツール

nimominhttp://www.nimomin.info/
「民泊+短期賃貸」の組み合わせで貸し出しを行う集客支援ツール

m2m check-in】https://www.m2mcheckin.info/
民泊宿泊者向けオンライン自動チェックインシステム

配信元企業matsuri technologies株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ