高畑勲監督の遺作「かぐや姫の物語」が、5月18日午後9時から日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で放映される。

同作は、2013年11月23日に公開されたスタジオジブリ制作の劇場アニメ。日本最古の物語「竹取物語」を題材にとり、「かぐや姫はなぜ地球に生まれて、月に帰らなければならなかったのか」という点に着目し、高畑監督が新しい解釈でかぐや姫の心情を描き出した。また、背景とキャラクターが一体化し、まるで1枚の絵が動くかのようなアニメーションに挑戦し、制作には8年もの歳月がかけられた。

「金曜ロードSHOW!」では、高畑勲監督の死去にともない、急きょ予定を変更して4月13日に「火垂るの墓」を放映。「かぐや姫の物語」の放映は、2015年3月の初放映以来、2度目となる。