「バブリーダンス」で注目を浴びた、大阪府立登美丘高等学校ダンス部の元キャプテン・伊原六花のファースト写真集『rikka』(東京ニュース通信社刊)が6月1日に発売される。なお発売を記念し、19歳の誕生日である2日に東京、6月中旬に地元・大阪にてイベントが開催される。

【写真】伊原六花の浜辺での大胆なショット。

 全編沖縄で撮影された写真集は、これまでのバブルファッションでキレキレのチームダンスを踊るイメージを一新。一大観光名所の国際通りをはじめ、異国情緒たっぷりの街並み、港などで、18歳の今だから見せる、のびのびとナチュラルな表情が収められている。

 夕景の撮影では女優のオーラをまとったしっとりした表情、ビビッドなネオンが輝く屋上では、雨の中、気の向くままに踊る躍動的な姿などを見せる一方、大はしゃぎで服のまま海に入っていく無邪気で可愛らしい一面も公開。海やプールでは大胆な水着姿も披露し、沖縄の海で念願のシュノーケリングを楽しむ様子も見どころだ。

■伊原六花のコメント
「写真集のお話を初めて聞いた時、『えっ、 誰のですか!?』と思ったくらい信じられなくて。一瞬、ドッキリなんじゃないかって疑ったんですけど(笑)、打ち合わせをしていくうちに『私のファースト写真集が本当に出るんだ…』という実感に変わっていき、嬉しさがこみ上げてきました。本当に何もかもがまだ始まったばかりで、何も知らない私ですが、そんな今だからこその“素”の姿を、みなさんに見ていただけたら、とてもうれしいです」

■伊原六花(いはら・りっか)プロフィール
1999年6月2日生まれ、大阪府出身。全国区で知られる登美丘高校ダンス部で主将を務めて注目を集め、高校卒業と同時に上京。7月期連続ドラマ『チア☆ダン』(TBS系)で女優デビューを果たす。 TBSラジオ『伊原六花とブカツ☆ダンス』にレギュラー出演中。
伊原六花1st写真集『rikka』(撮影:佐藤佑一 東京ニュース通信社刊/本体 2,778円+税)