プロ野球12球団の選手やスタッフに自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「あこがれのポジション」です。

楽天・辛島航投手「子どものころは、ショートやサードをやってみたかったです」

本格的に投手になったのは中学時代だった

 子どものころは、内野手をやってみたかったですね。ショートとかサードとか。僕が小学生だったときに、(松井)稼頭央さんとかノリさん(中村紀洋)がバリバリ活躍してて。みんなマネとかするじゃないですか。でも子どものころは、内野手をやってみたかったですね。ショートとかサードとか。僕が小学生だったときに、(松井)稼頭央さんとかノリさん(中村紀洋)がバリバリ活躍してて。みんなマネとかするじゃないですか。でも左利きだから内野ができなくて、うらやましかったのはありましたね。当時は松井(秀喜)さんとかイチローさんももちろん人気はあったんですけど、僕は内野手が好きだったので。

 小、中学生のころは外野が多かったですね。ちゃんとピッチャーとして試合に投げたのは、中学3年のとき。たぶん左だからとか、そんな理由だと思います(笑)。内野はできなかったけど結果としてピッチャーやれたので、左投げでよかったのかもしれないですね。のはありましたね。当時は松井(秀喜)さんとかイチローさんももちろん人気はあったんですけど、僕は内野手が好きだったので。

 小、中学生のころは外野が多かったですね。ちゃんとピッチャーとして試合に投げたのは、中学3年のとき。たぶん左だからとか、そんな理由だと思います(笑)。内野はできなかったけど結果としてピッチャーやれたので、左投げでよかったのかもしれないですね。

写真=井沢雄一郎
楽天・辛島航投手「子どものころは、ショートやサードをやってみたかったです」/あこがれのポジション