韓国青瓦台(大統領府)は17日、国家安保会議の常任委員会を開き、南北閣僚級会談の早期開催に向け、北朝鮮と引き続き協議を続けることを決めた。また、6月の米朝首脳会談に向け、今後も米朝双方と連絡を密にすることを確認。青瓦台関係者は「文在寅大統領や政府が仲介者の役割を積極的に果たす意図だ」と説明した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら