アメリカンフットボールの日大-関学大定期戦で日大守備選手が反則行為を重ねた問題について、関学大の鳥内秀晃監督と小野宏ディレクターは17日、日大に対する不信感をあらわにした。内田正人監督ら責任者から謝罪のない現状に小野ディレクターは「今は決定的に信頼関係は損なわれ、完全に崩壊している」と断じた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

日大の反則行為で、記者会見に臨む関学大アメフット部の小野宏ディレクター(左)と鳥内秀晃監督=兵庫県西宮市で2018年5月17日午後1時24分、小出洋平撮影