2020年東京パラリンピックの準備状況を確認する国際パラリンピック委員会(IPC)と大会組織委員会の事務折衝が17日、東京都内で始まった。18日までの2日間、バリアフリー対応の遅れが課題になっているホテルや既存の競技会場について協議する。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら