財務省の前事務次官によるセクハラ問題を受け、性暴力報道のあり方について勉強会を重ねる「性暴力と報道対話の会」は17日、メディア業界内のセクハラ被害についてアンケート結果を公表した。回答者の約95%がセクハラ被害に遭い、1割弱が性行為を強要されるという深刻な実態が浮かんだ。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

会見する「性暴力と報道対話の会」発起人の山本潤さん=東京都渋谷区神宮前5の東京ウィメンズプラザで2018年5月17日、坂根真理撮影