2019年4月に民営化される福岡空港の運営事業者に選ばれた福岡エアポートホールディングスグループに参加する西日本鉄道の倉富純男社長が17日、空港敷地内に国内線と国際線のターミナル間を結ぶ連絡バスの専用道路を整備する検討に入ったことを明らかにした。所要時間を5分程度に短縮し、乗り継ぎを改善する。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

保安ゲートが開くのを待つ福岡空港国内線と国際線の連絡バス=2018年5月17日午後4時53分、石田宗久撮影