マネーツリーは、同社提供の金融インフラプラットフォーム「MT LINK」が、富山第一銀行のiOS/Android向けアプリ「ファーストバンクアプリ」で採用となったことを明らかにした。

「ファーストバンクアプリ」がマネーツリーの「MT LINK」と連携することで、同行の口座や、他行の口座、証券口座、クレジットカード、電子マネーなどの取引明細を自動仕訳し、取引状況のグラフ表示とともに、一元管理可能となる。

同行の普通預金口座を持ち、キャッシュカードを使用しているユーザーであれば、インターネットバンキングの口座を持たなくても利用できる。キャッシュカードだけで利用できるアプリへのMT LINK導入は今回が初。

本件で、MT LINKを採用した企業は合計38社となった。

画像提供:マイナビニュース