俳優大谷17日、シネマート新宿で行われた映画ゼニガタ』完成披露上映会に登壇。本作が映画演となった大谷は「スクリーン俳優にとって格別なこと」と喜び、「キャストスタッフ全員が気持ちを込めて作った映画です。自信を持って皆さんに観ていただける作品となりました」とアピールした。この日は、共演の小林且弥、毅、監督も出席した。

 深夜になると“闇屋”に変わる居酒屋を舞台に、高利で債務者を追い込む兄弟と、彼らのもとへ訪れる人々の人間模様を描いた本作。大谷は、監督から“の男”をテーマに演じることを示されたことを明かし、「そんなことムリじゃないですか。さんも小林さんも背が高くて結構威圧されることがあったんですよ」と冗談交じりにコメント。しかし「動じちゃいけない」とめたそうで「(“の男”を)徹底して最後まで演じました」と振り返った。

大谷ら登壇者たち

 そんな大谷の発言を受けてが「(大谷は)監督がおっしゃっていることを守っていましたね。“の男”って感じがした」と印ると、大谷も「お言葉を返すようですが、も(に)同じことを思っていましたよ?」と返し、和気あいあいと盛り上がる一幕もあった。

 また、“闇”をテーマにした作品ということから、「1億円あったら何に使う?」という質問を投げかけられると「を買いたいです」と大谷。理由として、競馬には興味ないのだが自体が好きだと言い「飼って育てるのは大変なんですけど、種付けしてけたい」と願望を吐露した。

 イベント終盤には、題歌を担当したインストゥルメンタルユニットTSUKEMENTAIRIKUSUGURU、KENTA)が題歌「Volcano」を披露。を潤ませて演奏を観ていた大谷は「本当に来てよかったなって思いますね。演奏中のつきも鋭くて、ぜひ『ゼニガタ』に出ていただきたいくらい強かった」と感動していた。(取材・文:瀬将

映画ゼニガタ』は5月26日より全

満面の笑みを浮かべる大谷