治「だって、留美さん泣いてたでしょ。なんか理したんじゃないですか、これ。こんな大事なお金、使えないですよ」
留美「理したいの、安堂くんのために。それが、いまの私にとって一番の幸せだから」

5月10日(木)放送の木曜劇場『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』(フジテレビ系列)第4話。
モンテ・クリスト・ディーン・フジオカ)ではなく、神楽新井浩文)の妻・留美(稲いずみ)を中心にストーリーが進んでいく。

ディーン様の璧なピタゴラ復讐装置
は、アパレルブランドを立ち上げたい青年実業・安堂治(葉山奨之)を留美に紹介する。

治「、むかし親に捨てられて施設にいたんすよ。その頃って、自分の好きなとか買ってもらえなくて。寄付してもらったものとか、おさがりとかばっかりだったんす。だから、いつか絶対に自分のを作りたいって思うようになりました」


かつて、留美は産んだばかりのこどもを入間(高橋典)に捨てられたことがあった。
庭に埋められたこどもは亡くなったものと思われていた。だが、たまたまき巣に入った土屋三浦己)によって掘り起こされ、生き延びる。そのこどもこそが治だ。

自分のこどもだとは知らないまま、留美は治の事業のために策をしようと仮想通貨に手を出す。しかし、留美が買った仮想通貨が暴落させる。慌てて元人の入間にを借りた留美だったが、そのことが夫の神楽にバレてしまう。

神楽「このは、お前が元愛人から貢いでもらっただから、好きに使いなよ。でもよ、二度とに手ぇ出すんじゃねぇぞ! コノヤロー!」

を飛び出した留美は、その治に渡そうとする。そして、親子だと気が付かないまま身体を重ねた。

人とのこどもを失った悲しみが癒えず、夫にされることもない留美の心には大きながある。そういう女性の行動は読みやすくコントロールしやすい。治のような未来ある若者の役に立つことに充実感を覚え、依存してしまうのもこのタイプ
「大切なものを全て壊す」と言うが、最初に手をかける対として留美を選んだのも納得だ。

神楽にとって留美は大切ではないのに、なぜ最初に留美を?」という疑問もあるようだ。
が留美を利用して壊したいのは、神楽ではなく入間が大切にしている社会的地位だ。赤子を殺すつもりで捨てた過去明らかになれば、をラデル共和刑務所に送ってまで守った警視庁刑事部長という地位が揺らぐ。

ようやく、の復讐がスタートした。留美や治を利用して入間を、桜井ユキ)を利用して幸男(大倉忠義)を、というように復讐の仕掛けがり巡らされていく。神楽ライバル不動産会社のCMに幸男を出演させるなど、神楽と幸男の関係すら利用する。
ひとりひとり順番には狙わない。周りに少しずつ地雷を埋め込んでいく。この先どこかのタイミングで、ピタゴラ装置のように一気に復讐の仕掛けが発動し、すべてが壊れる算段だ。

15年前、暖(=)はすみれ山本美月)へプロポーズのサプライズ演出をおこなった。あれ成功したものの、どこか素で可らしさがあった。
中でファリア田中泯)に教養を与えられたとはいえ、はどうやって大がかりなピタゴラ復讐装置を計画したのか。
璧すぎて、「つらい拷問を受けた」「ファリアに教養を与えられた」のさらに先の説得がほしくなってくる。話が進むにつれて、過程も明かされると嬉しいのだが。

若い2人のも勝つ、か?
周到な復讐計画の一方で、1つだけの手中にはない出会いが発生していた。
かつて暖が働いていた守尾漁業息子・信一朗(高杉真宙)が、市場で入間の・未井ゆきの)と知り合ったのだ。
入間に政略結婚させられそうで悲しむ未に、守尾漁業パーカーを「着てたら奇跡が起こりますよ」と言って貸す信一朗。
彼の言う奇跡とは、が遺した1億円の借を思いがけず返済できたこと。同じパーカーを借りたが、それを返すときに1億円分の小切手をお礼として置いていったのだ。


父親の会社を失っても漁業の現場で一生懸命に働く若者と、祖を慕い大好きな生物の研究をしている女の子大人嫉妬欲望が絡み合う中で、この2人の偶然の出会いと交流にほっとする。
信一朗はと助け合った関係でもある。きっとこの2人には、も手を出さないのではないか。しんどい復讐劇の清剤だ、と思ったが、よく考えるとそうはいかない。

は、未の大好きな祖・貞吉(伊武雅刀)の身代わりとして刑務所に送られたのだ。貞吉に復讐すれば、未を悲しませることになる。

1話で何度も繰り返された「は勝つ」という言葉が頭に浮かんでくる。信一朗と未の間にが生まれたとして(原作では人同士だ)、2人のは入間やに勝てるだろうか。それとも、が2人に復讐の余波が及ぶことに気付き計画を変えるだろうか。
計画通り」といきたい復讐に不確定要素が混ざった。

登場人物の背景が明かされると、見る人によって「幸せになってほしいか、を応援したいか」が変わってくる。に共感、あるいは同情するかによって、復讐の後味も変わるはずだ。
自分の復讐観や、許せること・許せないことについてめて考えてしまう。引き込まれる展開になってきた。

第5話は、今10時から放送予定。

(むらたえりか

【配信サイト
FOD
TVer

木曜劇場『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』(フジテレビ系列
原作アレクサンドル・デュマ()『モンテ・クリスト伯』(1841年)
脚本:黒岩
音楽眞鍋昭大
題歌:DEAN FUJIOKAEcho』(A-Sketch
プロデュース太田大、荒井俊雄
演出:西谷
制作・著作:フジテレビ

イラスト/Morimori no moRi