黒澤明監督デビュー映画『姿三四郎』(1943)にオマージュささげジョニー・トー監督の『柔道虎房』(2004)がデジタル修復され、このほど北イタリアで開催された第20回ウディネ・ファイースト映画祭でワールドプレミア上映された。同映画プレジデントサブリナ・バラチェッティから作品のハードディスクが入ったケースを手渡されると、トー監督は「映画祭に感謝します」と笑顔で受け取った。

 同映画祭では昨年よりボローニャのフィルム修復・保存ラボ「イマジネ・リトヴァータ」と共同でアジア映画の遺産をらせる修復プロジェクトを実施しており、第1弾として、中国返還直前の香港が刻まれたフルーツチャン監督メイドインホンコン香港製造』(1997)の4Kレストアデジタルマスター版を製作中国返還20年の歴史香港映画の足跡を振り返る契機となった。

『姿三四郎』にオマージュげた『柔道虎房』より - By: Far East Film Festival FEFF

 『柔道虎房』も、『エレクション』(2005)や『エグザイル/』(2006)などガン・アクション定評のあるトー作品の中で、ではなく柔道で決着を付ける異色作。かつては柔道で将来を期待されるもクラブの雇われオーナーとして自堕落に生きるシト・ポウと、彼に遺恨持つトニー、そしてスターに憧れる女性シウモンの3人が、闇社会から脱却し前を向いて歩き出すまでの群像劇だ。

 クライマックスでは姿三四郎と檜垣之助がススキ原で対決するシーンを再現するなど、黒澤作品がいかに今活躍している巨匠たちに影を与えたかがうかがい知れる。また1979年無我版『姿三四郎』の姿子が歌った同名題歌が何度も流れ、日本人の郷愁をもそそる。そして香港映画ファンにとっても、ルイスクーアーロン・クォック、レオンカーフェイイケメンスター俳優が“競演”するお宝映画としての価値も高い。

 同映画祭では今後も修復プロジェクト継続していく意向で、すでに来年に向けて動き始めているという。(取材・文:中山治美)

デジタル修復された作品を受け取るジョニー・トー監督(右)とウディネ・ファーイースト映画祭プレジデントのサブリナ・バラチェッティ