大相撲夏場所5日目の17日、両横綱と大関が安泰。白鵬は大栄翔を寄せつけずに5連勝。1敗の鶴竜は横綱初挑戦の阿炎をはたき込んで退けた。関脇では大関昇進を狙う栃ノ心が万全の攻めで魁聖を破って全勝。逸ノ城は新小結の遠藤に粘り負けし初めて土がついた。平幕の正代が千代翔馬を寄り切って5戦全勝を守った。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

上手投げで大栄翔を降す白鵬(左)=両国国技館で2018年5月17日、和田大典撮影