総合商社と大手コンビニエンスストアの協業が加速している。伊藤忠商事は4月に持ち分法適用会社のユニー・ファミリーマートHDの子会社化を発表、三菱商事も子会社・ローソンをグループ経営の柱に位置付ける。収益安定化を狙う商社が、人手不足対策や海外展開を急ぐコンビニを支援することで、相乗効果を図る戦略だ。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら