高嶋ひろみ氏の人気漫画をアニメ化した「あさがおと加瀬さん。」の完成披露上映会が5月17日、東京・新宿バルト9で開催され、キャストの高橋未奈美、佐倉綾音、木戸衣吹が出席した。

原作漫画「あさがおと加瀬さん。」は、女の子同士の恋を描く「加瀬さん。」シリーズの第1作で、緑化委員の内気な女子高生・山田結衣(CV・高橋)と陸上部エースの加瀬友香(CV・佐倉)が、朝顔をきっかけに距離を縮めていく姿をつづる。

加瀬役の佐倉は、「私は、オーディションで先に加瀬役に決まって、収録直前まで山田役が誰なのか知らなかった」「(アフレコ)本番当日まで山田役が誰になるのか、心待ちにしていました」と明かす。そのうえで、高橋演じる山田の印象を「違和感がなくてびっくりしました。収録では山田の声が聞けたことが一番うれしかった」と絶賛する。

これに対し高橋は、佐倉演じる加瀬の印象を「ぴったりすぎる」と話し、「加瀬さん役が佐倉さんだって聞いた時に『加瀬さんじゃん!』みたいな。『見た目も加瀬さんじゃん』みたいな」と前のめりでアピール。さらに「私、佐倉さんにほんのり憧れを抱いているところがありまして。だから隣に立って収録させていただいた時に、山田が加瀬さんに憧れる気持ちがダイレクトにわかったので、その気持ちを大事にしようと思いました」と告白。佐倉を見つめながら「本当に加瀬さんですよね」と近づくと、“求愛”された佐倉は「怖い怖い!」とタジタジだった。

また木戸は、女性同士の恋を描く百合作品を「初めて見た」そうで、「まだ『あさがおと加瀬さん。』以外の作品は見たことがないので、佐倉さんにおすすめの作品を教えていただこうと思います」とリクエスト。佐倉が「わかった!」とノリノリで応じると、今度は高橋が「佐倉さん、前のめりすぎる(笑)」とたじろいていた。

この日は、佐藤卓哉監督がキャストと観客に宛てた手紙が披露される一幕もあった。司会が、高橋に向けた「山田と限りなくシンクロ率が高い、最高傑作のひとつではないかと自負しています。本当に我が事のような切実さで山田を生きてくれてありがとう」というメッセージを代読すると、高橋は感無量の面持ち。「こんなに自信満々におすすめできる作品は、今までないんじゃないかと思えるくらい、たくさんの愛が詰まっている」と胸を張った。

「あさがおと加瀬さん。」は、6月9日から期間限定公開される。

高橋未奈美、佐倉綾音、木戸衣吹が登壇