アメリカンフットボールの試合で日大選手が極めて悪質なタックルで関学大選手を負傷させた問題で17日、関学大が日大から受けた説明と謝罪に不満を表明したことについて、日大広報課はアメフット部の加藤直人部長名で「近日中に負傷した選手と保護者、関学大に謝罪する」との文書を報道各社に送った。関学大が日大の内田正人監督からの事情説明と謝罪を求めていることを受け、内田監督と加藤部長が関学大を訪問する予定。

 また、24日の回答に向けて引き続き学内調査を行うが、関学大の対応を受けて監督らを再び聴取するかについて日大広報課は「分からない」と述べた。17日の時点で記者会見などを開く予定も立っていないという。

 東京都内にある日大の練習グラウンドでは部員が代わる代わる訪れ、個人練習を行った。内田監督は現在指導を自粛しており、コーチらの姿もなかった。部員によると、今週に入ってから全体練習は行われていないという。部員の一人は「何も言うことはできない。そう言われている」とだけ口を開いた。 

〔写真説明〕個人練習でランニングする日大アメフット部員=17日午後、東京都世田谷区

個人練習でランニングする日大アメフット部員=17日午後、東京都世田谷区