カージナルス公式ツイッターが右腕の足跡を辿る動画を紹介

 巨人からカージナルスへと移籍したマイルズ・マイコラス投手。開幕からローテの一を担い、ここまで素晴らしい働きを見せている。16日(日本時間17日)のツインズ戦では今季8度先発マウンドに。5回途中2失点で降して勝ち負けはつかなったものの、今季8試合に先発して5勝負けなしと十二分な働きを示している。

 そんな、チームで重要な役割を果たしている右腕の足跡を辿る特集動画カージナルス公式ツイッターが紹介。その中でマイコラスは、巨人で過ごした3年間で共にプレーした多くの日本人選手たちの姿勢に大きな感銘を受け、自身に大きな影を与えたことをっている。

 動画内で「ちょっとした夢がったんだ。海外で3年間もプレーできたんだからね。再びアメリカに戻ってくるだけでなく、スプリントレーニングで故郷(フロリダ州ジュピター)に戻って来ること、そしてこのワールドシリーズ制覇をしてきた常連チームに入団することを願っていたんだ」とし、まずカージナルスへ入団できたことへの喜びを口にした。

 そして、巨人での3年間を振り返り「とても理解を深められることがあったんだ」と切り出し「やらなきゃいけないことだけをやっているというわけでなく、日本では多くの選手が『これでもか』というほど、ハード野球に取り組んでいるんだよ。その様子を見ていると『自分は十分にやったのだろうか?』というに考えさせられるんだ」と、日本人選手たちの野球練習に取り組む姿勢に影を受けたという。

 メジャーへの復帰を果たすと、開幕から5勝負けなし、防御率2.63と快投を続けているマイコラス。現在MLBでの活躍は、日本での3年間の経験も支えとなっているようだ。(Full-Count編集部)

カージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:Getty Images】