ナゴヤドームでの今季連敗「5」でストップ中日吉見が好投も…

 首位・広島17日、中日に3-2で競り勝ち、ナゴヤドームで今季6戦にして初勝利を挙げた。先発ジョンソンが6回2失点と投。打線は8回まで吉見に2失点に抑えられていたが、9回に4番の鈴木が2番手の鈴木博から決勝ソロを放った。救援今村ジャクソン、中崎が失点リレーを見せて勝利。中日は好投の吉見打線が援護できなかった。

 中日吉見が立ち上がりから好投。5回まで被安打2の好投を見せる。一方、ジョンソンピンチを招きながら4回まで失点。しかし、中日打線は5回に捕まえた。1死から田の死球アルモンテの左前打で一、二塁とすると、ビシエドが右中間へ適時に二塁打アルモンテも一気に生還し、2点を先制した。

 すると、広島もすぐに反撃。6回は先頭の田中レフト線への二塁打菊池内野安打で一、三塁に。ここで松山が同点の2点二塁打。試合を振り出しに戻した。

 吉見は8回2失点と好投。しかし、2番手・鈴木博がマウンドに上がった9回、広島は先頭の鈴木が初球の149キロの直球フルスイング。打球は左中間スタンド最前列に飛び込み、これが決勝点となった。

 その裏は守護・中崎が抑え、広島が勝利。ナゴヤドームでの今季連敗を「5」で止め、初勝利を挙げた。(Full-Count編集部)

広島が接戦を制し、ナゴヤDでの連敗を5でストップ