「怒気あって勇気なき小人め、るにたらん」
だと進言するもゼークト大将に怒鳴られてしまったオーベルシュタインのつぶやきだ。

というわけで、『銀河英雄伝説 Die Neue These』(→公式)第七話「イゼルローン攻略(後編)」。
新装版も刊行開始『銀河英雄伝説 1 黎明篇』(マッグガーデンノベルズ版)。

イゼルローン攻略を、一話かけてじっくり描いたアニメ版。
原作では、イゼルローン攻略そのものは、4ページちょいぐらいで、けっこうあっさりなんである。

刺青が見つかって「あわや」っていうシーンも、ヤン+シェーンコップフレデリカ作戦会議するシーンも、ない。
IDカードチェックするくだりも、ない。
原作では、“「IDカードまでちゃんと偽造して来たのに、調べもせんのだからな……どんな厳重なシステムも、運用する人間しだいという、いい教訓だ」”ですんでしまう。
じっちゃんの形見の万年筆のくだりも、アニメ版の追加要素だ。

今回は、盛ったなー。
いままでは、原作時系列が飛んでいるシーンを整理して、時系列順にして、ストレートに進行させていたアニメ版。
3つの時間列が入り乱れる構成になった。
イゼルローン攻略が進行しているなかに、シェーンコップ回想と、作戦会議シーンが挿入される。

アニメ版では、シェーンコップが裏切るかもしれないという疑念も繰り返し表明され、「信じることで筋を通すさ」「信じるといった男に筋を通さんとならんのでな」といったセリフシンクロで盛り上げる。
ゼッフル粒子についても「奇襲のさなかでの使用は不測の事態を起こしかねません。ともすれば暴発にまきこまれ全員が命を落とすことに」というフレデリカ摘が追加された。
たしかに、スリリングさを増した。
が、ヤンの作戦がそうとう心もとないものだったんだなーっていう印にもなってしまったか。

降伏もしくは逃げよと告げたヤンに対して、愚かにもそれを拒否し、降伏するぐらいなら死して名誉を全うするのが武人の心だと返答するゼークト大将
ヤンは、「武人の心だって?」と言葉を吐き出す。
原作では、そのときの心情はこう描かれている。
“にがい怒りのひびきを、フレデリカ・グリーンヒル中尉はヤンのに感じた。実際、ヤンは怒りをおぼえていた。死をもって敗戦の罪をつぐなうというのなら、それもよかろう。だが、それならなぜ、自分ひとりで死なない。なぜ部下を強制的に連れにするのか。こんながいるから戦争が絶えないのだ、とさえヤンは思う”
もちろんゼークトは、「おまえらは連れだ」と直接言ったわけではない。状況的強制を使って(こういうことを「忖度」という言葉で糊塗してはいけない)、連れにしようとしたのだ。

アニメ版では、こういった地の文を、文章で説明することができない。
「武人の心だって?」セリフと絵に、その心情を込めて描くのだ。
演出、脚本、声優仕事って凄いなーと思う。

次回、第八話 カストロプ動乱。(テキスト米光一成

Huluにて配信中
アマゾンプライムにて配信中
U-NEXTにて配信中