タレントで女優の鈴木紗理奈(40)が、16日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『今夜くらべてみました』(毎週水曜21:00~21:54)にゲスト出演し、バラエティ界における一部女優の振る舞いとその周囲に不満を爆発させた。

鈴木紗理奈

「24時間イライラする男と女」として、長嶋一茂、m-flo・LISAと共に出演した鈴木。昨年、映画『キセキの葉書』でマドリード国際映画祭・最優秀外国映画主演女優賞を受賞するなど、最近では女優としても高く評価されている。

マルチな活躍で順風満帆かと思いきや、受賞後のバラエティ出演時に「今日は女優モードですか? タレントモードですか?」のような探りを入れられることが気に入らない様子。その度に、「モードってなんやねん! いただいた仕事を一生懸命やるだけや!」と込み上げる怒りを抑えているという。

また、「女優を待たせたらアカン。タレントは待たせてオッケー」のような風潮にも、「なんやそれ!」。鈴木は、「芸人さんもそういう風にしているところがあると思う」と、お笑い芸人が気を使いすぎていることも原因であると指摘し、「『今日は番宣でわざわざ来ていただきました』。なんや! 『わざわざ来ていただきました』って。タレントも、わざわざ来とねん! という話でしょ」と具体例を挙げた。

そんな光景をひな壇から目の当たりにすると、「こっちはな、外国人に褒められた賞とっとんねん!」と海外での女優としての高評価をアピールしたくなる様子。やがて、怒りの矛先は番宣でバラエティに順応しない女優にも向くようで、「声もちっちゃいな! 張れや!」と再びの絶叫。感情をあらわにする鈴木に対して、HKT48・指原莉乃は「ガラ悪すぎ」と吹き出した。

「芸人さんだって、役者の仕事をする時は役者に合わせるじゃないですか? そこのルールにのっとってやってるじゃないですか? ここの場に来た時はルールにのっとってやりましょうや。ワシもらっとんねん! 外国で賞! だけど『イライラ』で呼ばれとんねん! もっとええので呼べ!」と畳み掛ける鈴木。

お笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基は笑いながらも「キレ過ぎや、もう」と呆れ果て、「駅前やったら警察来ますよ」と例えツッコミ。「イライラ」枠で同席した長嶋一茂からも「職質の後、間違いなく尿検査ですよ」と言われる始末だったが、スタジオは大盛り上がり。タレントとして、きっちり結果を残した鈴木だった。

画像提供:マイナビニュース