自民党の伊吹文明元衆院議長は17日、二階派の会合で、国会や地方議会で女性議員の増加を目指す「政治分野における男女共同参画推進法」の成立を受け、「女性という理由で排除することも、女性という理由でいいかげんな人を候補者にすることもやってはいけない」と述べ、候補者は能力本位で選ぶべきだと強調した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら