5月16日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に、女優斉藤由貴が出演。一般人の様々な疑問に答えていったのだが、番組での取り上げられ方に違和感を覚えた視聴者も多いようだ。

 まず注を集めたのは、番組冒頭のインタビューゆく今どきの若者に「斉藤由貴イメージは?」という質問がされ、「演技女優!」「ちょっと偉い女優。長くいるみたいな」「わき役だけどインパクトが残る」「芸歴は長いけどドカンヒットしたわけではなく、ジワジワジワジワ~みたいな」といった回答が寄せられた。

斉藤由貴女優」というが集まったところで、番組は「しかし斉藤由貴といえば、ある年代以上の人にとっては昭和を代表するスーパーアイドル」と話題を転換。それ以降は、アイドル時代の斉藤についてられている。

「番組のイメージ調では斉藤女優業に関するが集まっていましたが、都合の良すぎる調結果に視聴者からは『なんでも“不倫”について触れないの?』『もう斉藤由貴イメージって“不倫”しかなくない?』といった摘が。やはり彼女といえば、昨年話題になったW不倫騒動を思い浮かべる人が多いようです。番組の構成上仕方なかったのかもしれませんが、全くのノータッチではさすがに違和感があったのでしょう」(芸ライター

不倫”について触れられたのは、一通アイドル時代のエピソードられた後のこと。番組には斉藤の長女が出演し、「最近見たお母さんテレビ記者会見」とコメント。しかしその後は「普通お母さんよりもスリリングな方が好きだよ」という長女の言葉が紹介されるなど、母親としての斉藤フォーカスされていった。

「結局番組では“いろいろあったけどいいお母さん”というにまとまり、“みそぎ”が済んだかのような雰囲気さえありました。しかし視聴者からは『イメージアップ必死すぎる!』『までテレビに出して家族アピールされてもな……』といった厳しいが。また2016年不倫報道以降、未だにテレビで活躍出来てないベッキーべる人も多く『なんで斉藤由貴だけテレビで持ち上げられてるの?』などと摘されています」(同)

母親アピール”が視聴者違和感を与えてしまった斉藤。一方で「スリリングな方が好き」という言葉には共感のも上がっているので、理して好感度を上げる必要はないのかも?

斉藤由貴 オフィシャルブログより