決勝に過去3度立ち、優勝を経験した世界最高のラテラルは勝者のメンタリティーを誇示

 レアル・マドリードは現地時間26日にUEFAチャンピオンズリーグCL)決勝でリバプールと対戦する。不動の左SBであるブラジル代表DFマルセロは、勝利すれば前人未到の三連覇達成となる大一番で勝つために必要なこととして4つのキーワードを挙げた。スペインマルカ」が報じている。

 過去5シーズンで4度CL決勝進出を果たし、欧州サッカーを席巻している“巨人レアル・マドリード過去3度の決勝ではいずれもピッチに立ち、優勝を経験しているマルセロはすでにファイナルでの振る舞いについては十分に心得ているようだ。

「謙虚さ、ハードワーク、一体感、そして野望。ファイナルで勝つためにはこれらがキーになる」

 今30歳を迎えたマルセロはこのようにった。2007年からレアルプレーする“世界最高のラテラル”には勝者のメンタリティーが染み付いている。

 従来のSBというにはハマらない技術の高さを誇り、レアルの攻撃に欠かせない存在となったレフティーは自身としては4度チームとしては歴代最多記録を更新する13度(前身のチャンピオンズカップ含む)のビッグイヤー獲得に全神経を集中させている。


Football ZONE web編集部)

マルセロは、大一番で勝つために必要なこととして4つのキーワードを挙げた【写真:Getty Images】