2018年6月9日(土)より期間限定で劇場開される『あさがおと加瀬さん。』の完成披露上映会2018年5月17日(木)に新宿バルト9にて行われた。登壇者は山田結衣役の高橋未奈美、加瀬友香役の佐倉綾音、三河役の木戸衣吹MC松澤千晶が務めた。

(左から)山田結衣役の高橋未奈美、加瀬友香役の佐倉綾音、三河役の木戸衣吹

 『あさがおと加瀬さん。』は美化委員の活動に励む内気でおとなし高校生山田結衣山田と同じ高校に通う陸上部のエース学校人気者・加瀬友香のピュア恋愛模様と青春を描いた作品。監督は『STEINS;GATE』や『苺ましまろ』を手掛けた佐藤卓哉氏、キャラクターデザイン総作画監督は『桜Trick』『Re:ゼロから始める異世界生活』などを手掛けた坂井久太氏、アニメーション制作は『舟を編む』『フレームアームズ・ガール』などを担当したZEXCSと、実スタッフが集結して繊細な物語を作り上げていく。

 完成披露上映会では、まず、それぞれ原作を最初に見たときの感想を吐露。オーディションを受けたときに初めて読んだという高橋は、女性同士の恋愛作品だと聞いていたが、女性同士であることなど関係なく、人と人との大切な想いが描かれていると感じたとコメント。対する佐倉オーディションを受ける前から友人にすすめられて原作を読んでおり、「多幸感があって、ポジティブな気持ちになれる作品」と感じたのだという。また、木戸も疲れたときには元気になれる、こういう作品を読んだことはなかったが、ハマったと続けた。

 次のトークテーマは実際に関わってから抱いた作品への感想について。高橋は「自分が通ってこなかった青春を今回の収録で歩ませてもらった。幸せな気持ちになれた」と感想を述べる。続く佐倉は、実は収録ギリギリまで山田を演じるのか知らなかったというエピソードを披露。その後、高橋に決まったときは割と騒がしいイメージがあったが、実際は違和感がなくて驚いた、山田が聞けたのが収録では一番嬉しかったとまさに加瀬さんを演じるにふさわしいコメントを残した。なお、このコメントに対して高橋も、「加瀬さんが佐倉さんだと聞いたときはそのまんまだと思った」と返答。山田が加瀬さんに憧れている気持ちがダイレクトに分かったので、それを大事にして演じようと思ったという芝居の面についての話にも触れた。

 山田の親友というポジションである三河を演じる木戸は、オーディションで最初は山田役を受けたがしっくりこなかった、そのあとに三河を演じてみてもらえないかと言われ、役が決まったという裏話を披露。実際に三河を演じてみたらしっくりきた、も作らず楽しく演じられたという。

 キャストトークが盛り上がるなか、ここで佐藤監督から手紙が届いていることが松澤の口からられる。手紙には「たちにとってこの映画山田さんが育てたあの中庭と同じです」という万感の想いや、しきりにキャストの方々への感謝を述べる監督の言葉がられていた。この手紙に対して、3人からはスタッフすごい、作品への情を感じるというコメントが寄せられた。

 その後、高橋スタッフから「この映画デートムービーとして観にいって欲しいというコメントをして」というミッションを受けていたことをここで暴露。但し、その言葉は決して冗談ではなく、それくらいに画面から幸せが溢れていると高橋真剣な表情で言葉を続けた。

 フォトセッションを挟んだ後には、ヒットを祈願して手に持っていたブーケを投げる「ブーケトス」を実施。ちゃんと「トス」をした高橋木戸に対して、佐倉はできるだけ遠くに投げられるよう快に振りかぶってブーケを投げた。標としていた女性のところまでは届かなかっものの、楽しそうに邪気な笑顔をのぞかせる彼女の姿がそこにはあった。

 舞台挨拶も終了の時間。木戸は「絵が美しく、音楽素晴らしいので、一つ一つに集中して見ていただけたら」と本作の魅についてコメント。続く佐倉も「映画は(山田と加瀬が)付き合っているところから始まり、大きくわけて3つのセクションに分かれている。それぞれ違う映像と音とお芝居を楽しみにしていただければ」と見どころについて言葉を残した。

 挨拶の最後を務めた高橋はたくさんのが詰まっている作品であると前置きしたのち「見終わった後にあたたかい気持ちになっていただければ幸せなこと」と率直な気持ちを吐露。また、「みんなに見られることが少しだけ恥ずかしい、でも、それくらい自分たちを込めた映画」という自身もを注いだことが分かる熱い言葉を残し、イベントを締めくくった。

 「あさがおと加瀬さん。」は6月9日より、東京新宿バルト9、池袋HUMAXシネマズをはじめとした劇場で期間限定上映される。

あさがおと加瀬さん。』作品情報
原作高嶋ひろみ
監督佐藤卓哉
キャラクターデザイン坂井久太
コンセプトボード由香
美術監督橋本和幸
色彩設計岩井田洋
撮影監督:口羽毅
編集後藤正浩
キャスト山田結衣役/高橋未奈美、加瀬友香役/佐倉綾音、三河役/木戸衣吹井上先輩役/寿美菜子先生役/浅野真澄コーチ役/内山夕実、?/落合福嗣
音楽rionos 
題歌:『明日への扉』 歌:山田結衣(CV:高橋未奈美)&加瀬友香(CV:佐倉綾音)
アニメーション制作ZEXCS
配給ポニーキャニオン
物語
どうか加瀬さんが、私の事を好きでありますように―――…。
高校生山田は、化委員の内気な女の子。同じ学年の加瀬さんは、陸上部のエース美人女の子山田が植えたあさがおをきっかけに、言葉を交わしたことがなかった二人の距離が少しずつ縮まっていく。

公式サイト
http://asagao-anime.com

©2018 高嶋ひろみ・新書館/「あさがおと加瀬さん。製作委員会