自民、公明両党は17日、衆院憲法審査会の幹事会で、改憲手続きを定めた国民投票法の改正案を提示した。首相が目指す改憲を制度面で地ならしするのが狙い。しかし、多くの野党は賛否を保留し、今国会での改正は見通せていない。与野党の調整が長引けば、今国会中に憲法審で具体的な改憲項目の審議に入るのは難しくなる。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら