家康をはじめとし、歴代の徳将軍は好色ぞろいだったが、なんといっても最強将軍は11代・斉(17731841)だった。

 斉は歴代将軍中最長となる50年の長きにわたって将軍職にあったが、21人のがおり、女中の総数は900人というハーレムぶりが記録に残されている。1妻16側室との間に、次代の将軍慶を含め、男28人・女27人に上る55人(30人は逝)をもうけたのだから、“オットセイ将軍”の異名もうなずける。

 斉の乱行ぶりは、当時流行した本などに大いに書かれた。町の「遺精先生夢枕」の中では、斉と思われる人物が行為の前に『オットセイのさら味(たたきのようなものと思われる)』などをを飲む様子が描写されている。

 オットセイ将軍の強精食がオットセイというのはおもしろいが、事実、オットセイに含まれているオットセイアミノ酸カロペプタイド)は効果抜群だという。

 好氏が説明する。

方では狗腎(かいくじん)という、オットセイやアザラシの生殖器である陰茎(ペニス)、睾丸および輸精管を使用した強精・強壮があります。16世紀に中国が著した『本』の中にも記載されている」

 記録でも、1612年に、松前徳川家康狗腎を献上したとあり、家康の持に配合されていたというから、斉がオットセイを食していてもおかしくはない。

 一方、斉の“絶倫精”を支えた、とっておきの食というのが「酪」と「ショウガ」だったと、永山氏は言う。

からとったで作ったので酪と名付けられた。生砂糖を加え、とろ火で煮詰め、できた色の固形物を冷却したものです。バイアグラ顔負けの強精食。斉は房州で飼育していた江戸城内に移して、この酪を生産させていました。さらには他の地域の物とは違うと、板橋宿のショウガを好んでいつも食していた」

 酪には精子の原料のアルギニンが豊富に含まれており、またショウガの辛味成分のジンゲロイドはタンパク質分解酵素を増やす働きがある。

「酪の成分はタンパク質。これを強精に生かすためには、体内吸収を高める成分が必要となる。そのためにショウガは最も適している」(永山氏)

 ショウガは新陳代謝を促進させることでも知られている。つまり、斉の食事は最強の組み合わせだったのだ。ガリを食べながらショウガを飲んだら斉になれるかもしれない。

---

◆徳斉が遺した「ショウガづくし」

【即効強精ショウガ

材料:新鮮なショウガ適量)、焼酎適量

◎作り方:ショウガを洗い、よく拭いて気を切ったら、35度以上の焼酎に漬けるだけ。3カくらいから飲めるが、つけ込む期間が長いほど味はまろやかになる。一緒に氷砂糖を入れて漬けると飲みやすい。

ショウガの甘漬け(通称ガリ)】

材料:新鮮なショウガ適量)、1.5カップ砂糖150g、少々

◎作り方:(1)砂糖を入れて火にかけて煮溶かし、冷ましておく。(2)ショウガは皮を剥き、薄切りにする。そしてを振ってザルに並べ、沸騰したお湯をかける。(3)ショウガ気を切り、(1)の甘に漬ける。いつも汁が材料の上にあるようにしておく。作ってすぐ食べるのがよい。

ショウガ味噌漬け】

材料:新鮮なショウガ適量)、味噌適量

◎作り方:洗って気を切ったショウガ味噌に漬け込んでおくだけ。1週間くらいから食べられる。

---

アサ芸プラス