ショートカットキーを使いこなすのは業務効率化の基本だが、業務で使うソフトすべてのものを覚えるのはが折れる。また、よく使うキーのなかにも、押しづらい位置のものもあるだろう。

こうした課題を解決するのが、キーの配置をカスタマイズできる拡キーボード「Delux Designer」だ。「Delux Designer」は、その名の通り、デザイナーの利用に最適化されたメカニカルキーボードだが、あらゆるシーンで業務効率化を実現してくれそうだ。

・操作感が追求された設計

「Delux Designer」は一見すると大きめのテンキーのよう。いかにも左手フィットしそうなデザインに、中二病心をくすぐるバックライトを備える。

1つひとつのキーが広めに配置されていて、タイピングしやすい設計になっていて、キータッチはもちろん、メカニカルキーボードならではの小気味よいものだ。

したいのは、操作感を大幅に向上させる左下のダイヤル。このダイヤルにはズームスクロール、さまざまなパラメーターが割り当て可で、ビジュアルの直感的な調整に重宝するだろう。フォトショップイラストレーターなどのソフトに初期対応しているが、設定次第でほかのさまざまなソフトで利用できる。

・ショートカットキーやマクロをワンキーに

キーの割り当てはパソコンから簡単に設定できて、たとえば、「CTRL」+「ALT」など、よく使うショートカットキーを1つのキーに割り当てるような使い方ができる。

さらには、一連のキー操作をマクロとして登録することもできるので、毎日何度となく同じ操作をしている方にとっては大幅な時間と手間の短縮になるだろう。

50種類以上のパターンキーに割り当てられるとのことで、ソフトによって切り替えて活用したい。

「Delux Designer」は現在Kickstarterで出資を募っていて、542香港ドル(約7600円)でプロダクトの入手が可。なお、発送は今年の7月の予定となっている。せひとも、メインキーボードの補助役として手元に置いておきたいプロダクトだろう。

Delux Designer/Kickstarter

マクロも登録できる拡張キーボード「Delux Designer」、キー配列や割り当てが自在!