5月19日(土)に第5話がテレビ朝日系で放送される「おっさんずラブ」と、イラストコミュニケーションサイト「pixiv」のコラボで開催中の「おっさんずラブイラスト募集企画」の第二弾受賞作品が決定し、ドラマ出演中の吉田鋼太郎と林遣都が特別参考員として選考に参加。吉田鋼太郎賞と林遣都賞がそれぞれ決定した。

【写真を見る】林遣都もお気に入りの1枚を手に選考ポイントを打ち明ける

同ドラマは、結婚願望はありながらも全く女性にモテない33歳の主人公・春田創一(田中圭)が、乙女心を隠し持つ上司・黒澤武蔵(吉田)とルームシェア中のイケメンでドSな後輩・牧凌太(林)からの2人から愛を告白されたところから始まったピュアなラブストーリー。黒澤と牧に心かき乱される日々を送る春田と、一途に気持ちをぶつけ続ける黒澤と牧の姿に目を離せない視聴者が続出。番組公式インスタグラムの裏アカウント『武蔵の部屋』のフォロワーも35万人をついに突破(5/17時点)するなど、注目度はうなぎ上りだ。

イラストコミュニケーションサイト「pixiv」とコラボし、絶賛開催中の「おっさんずラブイラスト募集企画」も、応募作品は現時点までに軽く700点超えを果たし、創作意欲を書きたてられる応募者が多数いるようだ。

■ 吉田鋼太郎は大好きなお弁当シーンのイラストをセレクト

“吉田鋼太郎賞”を選出した吉田は、「小学生の頃は毎日、広告の裏に絵ばかり描いてたんですよ。零戦とかマグマ大使とか、男の子っぽい絵が多かったかな。結構、上手かったんですよ(笑)」とニヤリ。だが、絵心に自信がある吉田でも今回の選考には苦労したそうで、「小学生くんが描いたイラストを始め、どれも個性的な作品ばかりで、甲乙つけがたかった」とのこと。

そんな中、吉田が選んだ作品は、「ポン太」さんの作品。黒澤が丹精込めて作った“はるたんキャラ弁”を春田に食べさせるシーンが第2話で放送されたが、そのお弁当を作る過程を想像し、マンガ形式で描いたイラストとなっている。吉田は、「実は僕、お弁当のシーンがとても好きなんですよ。イラストの中で黒澤が錦糸の海苔をつまむ1コマの描写がとても細かくて深いし(笑)、ピンクを基調とした絵が『おっさんずラブ』の世界を的確に表現しているので、惹かれました」と選んだポイントを明かした。

■ 「家に飾りたいくらい!」と林も感謝

一方、林遣都が選んだのは、「おさつ」さんのイラスト。第2話では、急に姿を消した牧を公園で見つけた春田が「こんなところで何をやってんだよ!?」と聞くと、牧が誤魔化すように「天体観測です」と答える一幕が展開されたのだが…。受賞作そこからイメージを膨らませた未来予想図。なんと春田と牧がしっぽりと肩を寄せ合い、2人で天体観測をしているというシーン。

林は、「“一緒に天体観測できたらいいね”と、心から2人を応援してくださる気持ちを感じて、すごくうれしかったです」と語る。ちなみに、林自身は普段まったく絵を描かないそうで、「皆さんが描いてくださった牧の絵を持ち帰って、家に飾りたいくらいです。たまにファンレターで、僕の絵を贈ってくださる方もいるのですが、それもいつもうれしく受け取っています」と感謝の気持ちを現した。さらに、「イラスト募集企画のために丁寧に描いてくださった皆さんの想いを大切に、最後まで牧を演じ切ります!」とあらためて意気込んだ。

「おっさんずラブイラスト募集企画」は、6月30日(土)まで開催しており、今後も定期的に優秀賞を選出予定。作品は番組公式SNSやサイトで紹介するほか、受賞者には出演者のサイン入りグッズが贈られる…かもしれないという“お楽しみ特典”も。

吉田は、「劇中には出てこないんだけど、はるたんと牧と僕の3人が一緒にお風呂に入っている絵を見てみたい」と、今後の応募作にも大いに期待しているよう。最後に、「僕らも『えっ? こういうふうに表現されるんだ!』『こんなふうに映ってるんだ!』と、驚きと喜びと楽しみをもってイラストを拝見しておりますので、どんどんお寄せください」と、呼びかけた。

なお、次回放送の第5話では、ついに春田と牧が付き合い始めるなど、またまた大波乱の予感大の「おっさんずラブ」。最新エピソードから得た新たなインスピレーションをもとに、出演者をあっと驚かせるイラストを「#おっさんずラブイラスト募集企画」とつけて、pixiv&Twitterに投稿してみよう。

■ 「おっさんずラブイラスト募集企画」第二弾受賞作者リスト

<優秀賞(4名)>

あけち旅太郎 さん

いもごろり さん

かわりえ さん

アキツ さん 

<吉田鋼太郎賞(1名)>

ポン太 さん

<林遣都賞(1名)>

おさつ さん

■ 第5話「Can you “Coming Out”?」(5月19日[土]放送)あらすじ

同居を解消しようとする牧凌太(林遣都)を、思わずバッグハグで引き留めた春田創一(田中圭)。本能的に取った己の行動に混乱していると、牧から突如、直球ストレートが投げ込まれる! 「春田さん、俺と付き合ってください」――牧の言葉に、春田はうっかり「はい」と返答。まさかのどんでん返しで、2人は“付き合う”ことになる! ところが…。良くも悪くも鈍感&ふわっふわしている春田は、この場合の“付き合う”がどういうことか、イマイチ把握できないまま。初めての経験にどうしていいか分からず、ひとまず通勤時間をずらしてみるなど、内緒で付き合いだしたクラスメート・カップルのような行動を取り始め…。

一方、幼なじみの春田が牧をバッグハグする現場を目撃した荒井ちず(内田理央)は、恋愛対象としては「ないわ~」と斬り続けてきた春田を、急に意識し始めた自分に気付いてしまう。彼女の揺れる心は、最近いい感じの関係になっていたマロこと栗林歌麻呂(金子大地)にも伝わって…!?

そんなある日、春田にフラれたおっさん部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)が、春田にトップシークレットの依頼を託す。バラエティーで人気沸騰中の俳優・剣崎達巳(永瀬匡)のマンション探しをアテンドしてくれ、というのだ。いつもの“デキる上司ぶり”を発揮する黒澤を見てホッとし、意気揚々と任務にあたる春田。だがその裏で、失恋した黒澤は来る日も来る日も自宅で涙にくれていた…。そんな黒澤を目の当たりにした妻・蝶子(大塚寧々)は遂に“一世一代の決意”をする!

かたや、春田は剣崎を連れて、マンションを内見に行く。するとそこへ、本社からの密命を受けた牧が清純派朝ドラ女優・室川檸檬(生駒里奈)を連れて登場! 実は、剣崎と檸檬は密かに付き合っており、マスコミの目をごまかすため同じ物件に引っ越そうとしていたのだ。絶対にバレてはいけない“熱愛スクープ”に気を引き締める春田と牧。ところが、この案件が巡りめぐって“とんでもない事態”へと発展し…!?(ザテレビジョン)

お気に入りの1枚を手に、吉田鋼太郎はイラストを絶賛!