岩田剛典主演で破産寸前の老舗ホテルの立て直しを描くドラマ「崖っぷちホテル!」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)に、女優の大沢ひかるがゲスト出演する。5月20日放送の第6話で、物語の舞台となるホテル「グランデ・インヴルサ」に訪れたかつての常連客・後藤(でんでん)の娘役を演じる。

■ グランデ・インヴルサで暴力沙汰!?

「崖っぷちホテル!」は自由すぎる副支配人・宇海直哉(岩田)と威厳ゼロの総支配人・桜井佐那(戸田恵梨香)、くせ者ぞろいのホテルスタッフたちがグランデ・インヴルサにかつてのにぎわいとおもてなしの心を取り戻そうと奮闘する物語。

第6話では、ホテルの宿泊部主任・時貞(渡辺いっけい)を名指しし「時貞が暴力をふるったので厳正な処罰をしなければ訴える」という差出人不明の告発状がホテルに届く。暴力を否定する時貞だが、暴力沙汰のうわさはあっという間にスタッフの間に広まってしまう。

そんな中、自治会長の後藤がすごい剣幕でホテルを訪れ、時貞を出せと騒ぐ。しかも、いつも泊まっていたという“屋根裏部屋”に通せと怒り出す後藤に、スタッフたちは急きょ屋根裏部屋を掃除することに…。

大沢が演じるのは、そんな後藤とともにホテルを訪れる娘役。なぜ二人はこのホテルへ宿泊しに来たのか、その目的は? ストーリーが進むにつれ、謎も徐々に明らかになっていく。

■ 「仮面ライダーゴースト」ヒロイン出身!

演じる大沢は「仮面ライダーゴースト」(2015-2016年、テレビ朝日系)でヒロイン・月村アカリを演じてブレーク。ドラマ「恋がヘタでも生きてます」(2017年、日本テレビほか)では主人公・美沙(高梨臨)の恋のライバル・川上怜奈として登場し、美沙と視聴者をおおいにやきもきさせた。

現在、FODで配信中のドラマ「パフェちっく!」でヒロイン・高橋ひかるの恋を見守る姉を演じるほか、芥川賞作家でお笑い芸人の又吉直樹原作の映画「凛」(2018年度公開)には佐野勇斗演じる主人公・耕太の幼なじみ・雪菜役で出演。高校生を演じ、セーラー服姿を披露している。

元気いっぱいの活動的なヒロインから憂いのある大人びた女性まで幅広く表現する演技力は評価も高い。「崖っぷちホテル!」では、でんでん演じる父譲りの頑固な一面ものぞかせるという。

「崖っぷちホテル!」出演にあたり、大沢は「出演が決まったときは、とても驚きました。それとともに、とても嬉しかったです」とオファーを受けたときの感想を明かし、「でんでんさんが演じる父は、強引で頑固なところがあり、私が演じる娘もやっぱりどこか頑固で素直になれない親子の似ている部分を表すのに監督と、相談しながら撮影に挑みました。父と娘という関係を温かく描けていたら、嬉しいです。是非、ご覧ください!」と力強くアピールする。

スタッフもクセ者なら、訪れるゲストも一筋縄ではいかないキャラクターぞろい。そんなグランデ・インヴルサの再生ストーリーに大沢がどう絡んでくるか注目だ。(ザテレビジョン)

大沢ひかるが“父譲りの頑固娘”役で「崖っぷちホテル!」にゲスト出演