(画像提供:©テレビ東京

テレビ東京系にて、4 より始まった毎週月曜10時の新ドラマドラマ Biz」。

第1弾作品で江口洋介が敏腕ヘッドハンター役を演じている『ヘッドハンター』は、当サイトでも毎週鋭意レビュー中で、視聴者の評判も上々。

徹底的にリアルでありながら、ドラマとしての面さもしっかり残しており、働く人必見の内容となっている。

さて、そんな「ドラマ Biz」の第2弾作品が発表となった。『ラストチャンス 再生請負人』だ。

■銀行マンが飲食フランチャイズを再生

本作は大手都市銀行の第一線で活躍していた主人公が、財閥系銀行との合併を機に人生を見つめなおし、転職を決意。

中華イタリアンなどさまざまな業態を手がける飲食フランチャイズ企業デリシャスフード」のCFO(最高財務責任者)へと転身し、経営状況が悪化した会社の再建に奮闘する…というストーリーだ。

原作人気小説家・江上剛の同名小説。元銀行マン(第一勧業/現みずほ)の小説家として知られる氏だけに、はやくも期待が高まる。

■主演は仲村トオル 共演者も超豪華!

(画像提供:©テレビ東京

主人公・樫村徹夫を演じるのは仲村トオル。そして、樫村の元同期企業コンサルタントに転身した宮内役に椎名が決まっている。50代の色男の共演ということで、女性視聴者人気も上がりそう。

(画像提供:©テレビ東京

また、その他にも和田正人、大谷町田啓太、勝村政信、本田博太郎石井正則、嶋田久作、ミッキーカーチス、太、水野美紀長谷川京子の出演も発表。

テレ東の本気っぷりが伝わってくるな顔ぶれだ。

■『ヘッドハンター』とはまた違う面白さに?

現在放送中の『ヘッドハンター』は、リアルで地に足の着いた展開が特徴。「優秀な管理職がじつはアイデアパクリの常習者だった」「親友の転職理由が『お前が嫌い』だった」「転職したら、元上が自社の子会社の社員になっていた」…などなど、見る人によっては「胸に来る」シーンも少なくない。

もちろんそれは同作の魅のひとつなのだが、対して『ラストチャンス』は主人公が(業績不振になっているとは言え)企業の中枢に行く話。現実感を残しながらももう少し規模感の大きい題材、ネタも加わってきそうだ。

《これまでに配信した『ヘッドハンター』記事一覧こちら

・合わせて読みたい→マツコ・デラックス7年ぶり出演のテレ東に「もう弱者ではない」

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤

仲村トオルが企業を再生! テレ東『ラストチャンス』の本気っぷりがスゴい