アウディ・TTクーペの改良型に設定されるハイパフォーマンスモデル「TT RS」のプロトタイプを、ニュルブルクリンクでカメラが捉えました。

詳細画像はこちら

新型のパワートレインは、2.5リットル直列5気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力400ps、最大トルク480Nmを発揮。7速DCTとクワトロAWDシステムと組み合わされ3.6秒で100km/hに達します。最高速度は250km/hに電子制御されていますが、オプションでリストリクターを外せば最速280km/hの速さを発揮。まさに「ベイビーR8」と言えそうです。

詳細画像はこちら

ニュルブルクリンク北コースを走る開発車両は、新グラフィックのLEDデイタイムランニングライト&テールライト、冷却効果の高い大口エアダクト、固定式リアウィング、ワイドなサイドシル、19インチホイール、大径ツインエキゾーストパイプなどが装備されており、初の生産仕様と見られます。

室内では、デジタル・インストルメント・クラスターを備える最新世代の「バーチャル・コックピット」や新たなトリムカラーが予想され、早ければ2018年秋、遅れれば2019年3月のジュネーブモーターショーにも登場が期待されています。

(APOLLO)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

まさに「ベイビーR」。アウディのミニスーパーカー・TT RS、ニュルを激走(http://clicccar.com/2018/05/18/590732/)