年や性別、プロアマを問わず映像クリエイターと作品企画を募集する「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」の2018年度の募集期限が6月5日(火)と迫っています。

 3年前から始まったこのコンペティションの特徴は、「受賞作には作品完成までの資5000万円以上と制作体制のバックアップ」が約束されること。過去3回の募集で1000える映画企画が応募されてきました。

 第1回グランプリ受賞作「する女」は、長澤まさみさん、高橋一生さんなどの俳優を迎えて、東宝オリジナル企画として10数年ぶりに製作と配給で参加。異例のスマッシュヒットを記録しました。

 そして、今年の7月7日には第1回準グランプリ受賞作「ルーロンダリング」が全スクリーンに登場します。

 いずれの作品も企画応募したクリエイターは、このTCPで長編映画監督の座を掴み取っています。昨年開催されたTCP2017グランプリを獲得した針生監督写真)の「2/1イチブンノニ(仮)」も、映画化に向けてプロジェクトが進行中のようです。

 TCPは、映画の「企画」を募集するコンペ。映像制作経験などの条件は特になく、映像企画アイデアさえあればでも応募可です。

 将来的に映像業界をす人や、映像化したいアイデアがある人は、その夢をえる絶好のチャンス

 TCP2018のWEBエントリー締め切りは6月5日まで。

アサジョ