ハノーファーのマーティン・キン会長が、アーセナルからFW浅野拓磨レンタル移籍で獲得することを認めた。地元ハノーファーシェ・アルゲマイネ』が17日に報じた。

 ハノーファー日本代表FW大迫勇也の獲得を狙っていたものの、16日にケルンからブレーメン全移籍で加入することが決定。“プランB”として補強補に挙げていた浅野の獲得へ切り替え、すでに加入合意に達していると報じられていた。

 この報道を受け、キン会長は「彼を1年レンタルする」と浅野の加入を認め、「スポーツ部門の責任者もポジティブな評価をしている」とった。また、ロンドンの地元イブニング・スタンダード』も、アーセナルが来シーズン浅野レンタルに出す方向で準備を進めていると報じている。

 現在23歳の浅野は、2016年サンフレッチェ広島からアーセナル全移籍で加入した後、シュトゥットガルトレンタル移籍。昨シーズンブンデスリーガ2部で26試合出場4ゴールを挙げ、優勝と1部昇格に貢献した。今シーズンはハネス・ヴォルフ前監督の下で出場機会を得ていたものの、シーズン後半戦の途中に就任したタイフン・コルク監督の下では一度も出場機会がなく、ブンデスリーガ15試合出場(先発は7試合)1得点にとどまった。なお、今シーズンの1得点はハノーファー戦で記録している。

ハノーファー移籍が報じられている浅野拓磨 [写真]=Bongarts/Getty Images