リーガロイヤルホテル京都(京都市)は、「<京の夏を愉しむ>納涼川床プラン2018 」4種を、5月11日から9月14日まで販売する。宿泊期間、価格はプランによって異なる。

清流と京料理を堪能

「べにや」「もみぢ家」「梅むら」「幾松」と、それぞれ趣きの異なる川床と京料理を味わえる宿泊プラン。清流の音に涼を感じる、夏の京都の風物詩が堪能できる。

貴船で最大級の広さの川床を楽しめる「べにや」では、京料理が味わえるほか、特製うちわのプレゼント付き。明治40年創業、高雄の「もみぢ家」では、清滝川の流れと舞妓の京舞を楽しめる。夕食は懐石料理またはしゃぶしゃぶコースから選択可能だ。鴨川のほとりにある「梅むら」は、名宰相・伊藤博文公も愛したという京料理を提供。長州藩控屋敷をそのまま利用し、国の登録有形文化財となっている棟もある「幾松」では、夕食に京料理を用意し、オリジナルグッズをプレゼントする。

いずれも往復シャトルバスまたは観光タクシープリペイドカードが利用できる。朝食はオールデイダイニング カザの和洋ビュッフェか京料理 たん熊北店の和朝食を選択。<J-CASTトレンド>

もみぢ家では京舞鑑賞も楽しめる