【ローマ時事】テニスのイタリア国際は17日、ローマで行われ、男子シングルス3回戦で世界ランキング24位の錦織圭(日清食品)が同28位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)に6-1、6-2で完勝し、2年ぶりに8強入りした。18日の準々決勝で、錦織は通算2勝12敗で11連敗している元世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

 錦織は伸びのあるストロークで主導権を握り、第1セット第3ゲームから5ゲームを連取してセットを先取。第2セットは序盤のピンチをサーブの精度を上げてしのぎ、隙を与えなかった。