【マイアミ時事】米大リーグのマーリンズは17日、田沢純一投手(31)を事実上の戦力外とした。メジャー出場の前提となる40人枠から外れてウエーバーにかけられ、契約する球団がなければ、自由契約となるかマイナー契約を結ぶことになる。16、17日のドジャース戦に中継ぎで登板し、2試合連続で3失点するなど、今季は22試合で防御率9.00と不振だった。

 田沢は球団を通じて「球団の決定は十分に理解できる。環境を変えることで自分の調子が戻ることを願っている」とのコメントを出した。