先週末、新聞史上でも初めて? と思われる光景があった。

 1人の人物の名刺が一斉に紙面に載ったのだ。

「内閣総理大臣秘書官 柳瀬唯夫」

「名刺じゃんけん」最強の一手が出た

 公開したのは愛媛県の中村時広知事。愛媛県が「名刺じゃんけん」で出したら最強だと思われていたカードが遂に出たのである。とどめ刺した感。

 一方で興味深かったのは新聞の報道の仕方である。読売新聞だけが官邸の住所・連絡先にモザイクを入れていた。え、そこ?

 超・公の場所だと思われる官邸の住所は特定秘密? 不思議な扱いであった。

 そういえば、例の山口メンバー事件のときは読売新聞だけが「山口達也容疑者」と報じていた。新聞によっての基準、解釈をまたしても興味深く面白く感じた一件だった。

「極論で言えば、ウソ」中村知事のキャッチーな反撃

 さて「首相案件」である。

 官邸側だって愛媛県の職員が柳瀬氏の名刺を持っていることはわかっていたはずだ。でも、のらりくらり誤魔化せばなんとか逃げ切れると考えていたのだからすごい。名刺を持っていた愛媛県側が徐々にあきれていく様子も想像したい。

 中村時広知事の柳瀬氏に対する発言はいずれもキャッチーだった。各紙から抜粋する。

「県職員は子供の使いではない」(毎日 12日)

「県の信頼に関わること、極論で言えば、ウソ」(読売 12日)

「うそは第三者を巻き込むことになる」(日経夕刊 11日)

「会った会わないでこんなに引きずらないといけないのか」(朝日夕刊 11日)

 ちなみに、柳瀬氏が「あまりお話しにならなかった方は記憶からだんだん抜けていく」と言うと「県の職員としてしっかり発言している」ときっちり反撃をくらわす。(朝日 12日)

「部下を守るリーダー」

 これらの発言からは部下を守るリーダー像が伝わってくる。柳瀬氏の煮え切らない態度がフリにもなって、理想の上司にさえみえた。

《「戦う姿勢」を見せているのは、今秋に3期目をかけた知事選を控えていることもあるだろうが、》(日刊ゲンダイ 14日)という事情も書かれていたが、愛媛県職員は心強かったはずだ。

 実は同じ時期に「部下を守るリーダー」がもう一人いた。麻生太郎財務相である。

 まず、公文書改ざん問題について「どの組織でもあり得る」と発言。財務省で働く人は心強かったのではないか。

 さらにこれ。

《福田淳一・前財務事務次官のセクハラ問題で、女性に「はめられた可能性は否定できない」と繰り返した麻生太郎財務相。》

(「セクハラ鈍感発言やまず」朝日 12日)

男・麻生太郎のチャレンジは続く

 まだ言っていたのである。この記事の小見出しは「批判受けては撤回」。麻生太郎のチャレンジは続く。

 もしかしたらこれは「男・麻生太郎、ここで部下を守らなきゃどうすんだ」という美学なのだろうか。

 しかし、こんな声が載っていた。

《「大臣はよかれと思って発言しているのだろうが、本人のためにもなっていないし、ぼくらのためにもなっていない」相次ぐ麻生氏の問題発言に、財務省幹部はあきれた様子で語った。》(朝日 12日)

 麻生さん、新聞をよく読んだほうがいいです。部下もあきれてますから。

 さてリーダーと言えば真打に登場していただこう。安倍首相だ。

矛盾が浮き彫りになる見出し

 あらためて柳瀬氏の答弁に戻ると、東京新聞のこの見出しがわかりやすかった。

「報告しない首相秘書官」(11日)

 首相秘書官と言えば首相と一心同体の存在だが、柳瀬氏は加計学園については「なぜか」報告していないという。矛盾が浮き彫りになる見出し。

 柳瀬氏は2015年に加計学園関係者と3回面会しているが、安倍首相が同学園の獣医学部新設計画を知ったのは2017年1月という。

「(首相が知るまで)2年近くも何も言わない。そんなことがあり得るのか」(長妻昭氏 読売 11日)

「総理が17年1月に初めて知ったという答弁ラインを守りたいからだろう」(江田憲司氏 読売 同日)

 安倍首相が「2017年1月に初めて知った」と断言したから、柳瀬氏の記憶があいまいになってしまった。そんな匂いがプンプンする。

「忖度」論争、安倍首相の作戦変更

 一方で柳瀬氏の「上司」は、

「安倍首相『忖度、される側は分からない』フジ番組で説明」(朝日新聞デジタル 11日)

《忖度(そんたく)というのはですね、指示をすれば問題だと言われますけれども、指示していないのに、忖度される側がどうだったのかというと、分からないわけですね。例えば指示していないのに、忖度した側も、果たして忖度したかどうかっていうのもあいまいな場合もあるんだろうと思います。指示を明確にし、組織の中でやっていただく。間違っても、私に近いから利益を得たりということは絶対にあってはならないということは、はっきりしていかなければいけない。(フジテレビの番組で)》

 忖度はあるが、自分は忖度される側だから「知らない」という作戦に切り替えたらしい。

 その結果、部下が記憶を飛ばすしかない事態に……。なんだかなぁ。

 以上、ここ最近目立った「リーダー3人」の読み比べでした。

(プチ鹿島)

中村時広・愛媛県知事 ©共同通信社