イラストコミュニケーションサイト「pixiv」で展開中のテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』のイラスト募集企画。応募作品は現時点までに700点を超える“萌え旋風”を巻き起こしている。今回、“はるたん”こと主人公・春田創一(田中圭)をめぐって恋の火花を散らし合っている、おっさん乙女部長・黒澤武蔵を演じるヒロイン・吉田鋼太郎と、イケメンでドSな後輩ライバル・牧凌太を演じる林遣都が特別審査員として、それぞれお気に入りの1枚をセレクトし、吉田鋼太郎賞と林遣都賞が贈られることになった。

【画像】「おっさんずラブイラスト募集企画」受賞作品

 「小学生の頃は毎日、広告の裏に絵ばかり描いてたんですよ。零戦とかマグマ大使とか、男の子っぽい絵が多かったかな。結構、上手かったんですよ」とニヤリ、笑顔で話す吉田。しかし、絵心に自信アリの吉田をもってしても、今回の選考には苦労したそう。「小学生くんが描いたイラストをはじめ、どれも個性的な作品ばかりで、甲乙つけがたかった」と明かす。

 そんな中、吉田が心を鬼にして1枚に絞った受賞作は、「ポン太」さんの作品。黒澤が丹精込めて作った“はるたんキャラ弁”を春田に食べさせるシーン(第2話)のお弁当を作る過程を想像し、マンガ形式で描いたイラスト。「実は僕、お弁当のシーンがとても好きなんですよ。イラストの中で黒澤が錦糸の海苔をつまむ1コマの描写がとても細かくて深いし(笑)、ピンクを基調とした絵が『おっさんずラブ』の世界を的確に表現しているので、ひかれました」と吉田。

 一方、林が選んだのは「おさつ」さんのイラスト。同じく第2話で、急に姿を消した牧を公園で見つけた春田が「こんなところで何をやってんだよ!?」と聞くと、牧が誤魔化すように「天体観測です」と答えるやりとりがあったのだが、受賞作はほかでもない、そこからイメージを膨らませた未来予想図。なんと春田と牧がしっぽりと肩を寄せ合い、2人で天体観測をしている姿を描いたもの。「“一緒に天体観測できたらいいね”と、心から2人を応援してくださる気持ちを感じて、すごくうれしかったです」と林。

 ちなみに、林自身は普段まったく絵を描かないそう。「皆さんが描いてくださった牧の絵を持ち帰って、家に飾りたいくらいです。たまにファンレターで、僕の絵を贈ってくださる方もいるのですが、それもいつもうれしく受け取っています」と感謝の気持ちを吐露しつつ、「イラスト募集企画のために丁寧に描いてくださった皆さんの想いを大切に、最後まで牧を演じ切ります!」と襟を正していた。

 「おっさんずラブイラスト募集企画」は6月30日(後11:59)まで開催。今後も定期的に優秀賞を選出し、番組公式SNSやサイトで紹介する。吉田は「劇中には出てこないんだけど、はるたんと牧と僕の3人が一緒にお風呂に入っている絵を見てみたい」そうで、今後の応募作にも大いに期待しているよう。「僕らも『えっ? こういうふうに表現されるんだ!』『こんなふうに映ってるんだ!』と、驚きと喜びと楽しみをもってイラストを拝見しておりますので、どんどんお寄せください」と、呼びかけている。

※投稿に関する方法や規約など、下記サイトで詳細を確認してください。
■番組ホームページ
http://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove/
■pixivコンテストページ
https://www.pixiv.net/contest/ossanslove
公式Twitter
https://twitter.com/ossans_love
吉田鋼太郎(左)と林遣都が「pixiv」で開催中の「おっさんずラブイラスト募集企画」の中から優秀賞を選出(C)テレビ朝日