スポーツ関連企業が出展「日本社会全体を明るく元気に」

 プロ野球サッカーバスケットボール卓球など、競技のえた初めてのスポーツ業界合同中途採用イベントが、5月25日ベルサー飯田ファースト開催される。当イベントは、スポーツビジネスの領域に関心を持つ層に対して、業界の魅や可性を伝えるのが狙いだ。

パ・リーグ キャリアフォーラムSupported by DODA」はパシフィックリーグマーケティング株式会社(以下PLM)と、2018年度のパ・リーグオフシャルスポンサーである総合人材サービスのパーソル グループから、パーソル キャリア株式会社運営する転職サービスDODA(デューダ)」が共同で開催する。

 PLMは直近でも「パ・リーグ ビジネススクール」や「PACIFIC LEAGUE BUSINESS CAMP2018」など、スポーツビジネスに特化したイベントを手掛けてきた。今回はパ・リーグ6球団だけではなく、社のビジョンである「プロ野球界、スポーツ界の発展を通して、日本社会全体を明るく元気にしていくこと」に賛同したスポーツ関連企業が出展する。

◯出展社例
株式会社北海道日本ハムファイターズ
株式会社楽天野球
株式会社西武ライオンズ
株式会社千葉ロッテマリーンズ
オリックス野球クラブ株式会社
福岡ソフトバンクホークス株式会社
パシフィックリーグマーケティング株式会社
株式会社北海道ボールパーク
楽天ヴィッセル神戸株式会社
株式会社川崎フロンターレ
一般社団法人Tリーグ
株式会社栃木ブレックス

 当日は全出展社が個社ブースを設置し、参加者に対して質疑応答やプレゼンテーションを行う。合間には、異業種からスポーツ業界に転職した社員のホンネに切り込む「ホンネトーク」や、パ・リーグJリーグBリーグの事業部で働く社員がり合う「CROSS LEAGUE TALK」、プロ野球選手OBの里崎智也氏と「DODA」編集長を務める大浦征也氏の特別対談などが予定されている。

アメリカではスポーツに関する仕事は“Dream job”

 今回、プロジェクトリーダーを務めるPLMの園部健二氏は「パ・リーグ キャリアフォーラム」開催の背景る。

「今年の2月に、パ・リーグ6球団のみの採用イベント(「PACIFIC LEAGUE BUSINESS CAMP2018」)を開催しました。実際にそのイベントにご参加いただいた方から、球団内定者が複数出ており、出展した球団だけでなく、ご参加いただいた方からも、概ね好意的なご意見を多く頂戴しました。今回のイベントには、パ・リーグ6球団だけでなく競技のえた他のスポーツ企業にもご参画いただいているように、PLMは今後もプロ野球のみならず、日本スポーツ業界を人材という分野からも盛り上げていきたいと考えております」

 東京オリンピックパラリンピックを2年後に控える日本は、スポーツビジネスフィールドとして高いポテンシャルを秘める。スポーツ庁もスポーツ市場拡大のため市場規模を2015年の5.5兆円から2025年には15兆円にすることをしており、業界全体が社会に対する提供価値を上げるには、競技者だけではなく経営人材の育成も欠かせない。「DODA」公式サイトでは「パ・リーグ キャリアフォーラム」のランディングページを開設以降、参加希望者が順調に増え続けている。スポーツの成長産業化は国家プロジェクトの一つでもあるだけに、業界にとっては心強い事実だ。

 アメリカではスポーツに関する仕事は“Dream job(ドリームジョブ)”と呼ばれるほどの人気を誇る。「パ・リーグ キャリアフォーラム」のイベントを足掛かりとして、将来は日本スポーツ界を一変させたい――。そんな意気込みとアイデアを持った人材を、スポーツ界は待ち望んでいる。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供パ・リーグ インサイト

PLMは5月25日に「パ・リーグ キャリアフォーラム」を開催【画像:(C)PLM】