17日午後8時25分ごろ、名古屋市中区錦のビル9階のインターネットカフェで「刃物を持った人がいてもみ合っている」と110番があった。愛知県警中署員が駆け付けると、男性が店内で血を流して倒れており、搬送先の病院で死亡した。同署は近くで果物ナイフを持っていた住所不詳、無職稲田府見洋容疑者(22)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 同署によると、容疑を認め、ナイフは1週間前に拾ったと供述。「その頃からいらいらしていて、むかついたことがあったら誰でもいいから人を刺そうと思った」と話しているという。

 死亡したのは愛知県尾張旭市井田町の会社員、大竹智之さん(35)で、頭や首、胸などを刺されていた。

 2人の間に面識はなく、稲田容疑者は二つ隣の個室にいた大竹さんをいきなり襲ったとみられる。同署は容疑を殺人に切り替え、詳しい状況を調べている。