RPAソフトウェアのリーディンプロバイダーであるBlue Prismは、企業ソフトウェア開発プロセスセキュリティ検証する独立したプログラムであるCA Veracode Verified認定を取得したことを発表しました。今回の認定取得により、Blue Prismは、一時点のセキュリティテストのみならず、ソフトウェア開発ライフサイクルSDLC)全体にわたるセキュアな開発手法を徹底する、成熟したアプリケーションセキュリティプログラムへと発展しました。

* 当報道資料は、2018年5月9日(現地時間)に、英国ロンドン/米国テキサス州オースティンにおいて発表されたプレスリリースの抄訳です。


2018年5月9日 英国ロンドン/米国オースティン(テキサス州)発】- 世界中で新たな働き方を実現するデジタルワークフォースの成功に貢献するRPAソフトウェアのリーディンプロバイダーであるBlue Prism(本社:英国ロンドン、CEOアレスター・バスゲート)は、本日、企業ソフトウェア開発プロセスセキュリティ検証する独立したプログラムであるCA Veracode Verified認定を取得したことを発表しました。

RPAラットフォーム開発の先駆けであるBlue Prismhttp://www.blueprism.com/)は、数多くの新技術とイノベーションをRPAに適用してきたことでも認知されています。すでに組み込まれているテクノロジーとしては、ライフサイクル管理(2006年導入)、ロールベースアクセス制御(2006年)、ワークロード管理(2009年)、ディザスタリカバリ2009年)、認情報の管理(2011年)、高可用性(2015年)、業界一の認定済みクラウドリファレンスアーキテクチャ2016年)などが挙げられます。

このたびのCA Veracode Verified認定https://www.veracode.com/)は、本格的に構築されたエンタープライズグレードのセキュアなソリューションを市場提供するというBlue Prismの取り組みを明し、Blue Prism独自の製品開発方法の一環を示すものでもあります。CA Veracode Verified認定の厳しい審に合格することで、Blue Prismは、一時点のセキュリティテストのみならず、ソフトウェア開発ライフサイクルSDLC)全体にわたるセキュアな開発手法を徹底する、成熟したアプリケーションセキュリティプログラムへと発展しました。

CA Veracodeアシャ・メイAsha May)氏は次のようにっています。「セキュアなコーディングプロセスに投資を行い、成熟したアプリケーションセキュリティプログラムに関する当社の手順を順守している企業は、そのソフトウェアを導入する顧客の信頼を高めることができます。この認定は、深刻なセキュリティリスクの低減に貢献するセキュアなコード提供するというBlue Prismの取り組みを明するものです。」

データの約30パーセントhttps://www.verizonenterprise.com/verizon-insights-lab/dbir/)は、アプリケーション層の脆弱性が原因で生じています。ソフトウェアの利用者は、購入するソフトウェアセキュリティに関する詳細な情報めています。CA Veracode Verified認定により、各ソフトウェアベンダー悪意ある攻撃やデータから自社製品を保護することにどれだけ取り組んでいるかについて利用者は容易に評価することができます。Blue Prismデジタルワークフォースプラットフォーム(https://www.blueprism.com/japan/blue-prism-v6)は、CA Veracode Verifiedプログラムの要件を満たしており、より優れた形でセキュリティを開発プロセスに組み込むことが可です。

Blue PrismのCTO(最高技術責任者)であるデイブモスDave Moss)は、「Blue Prismプログラムに参加することで、当社のお客様や見込み客の皆様は、自社のRPAラットフォームが高いアプリケーションセキュリティ基準を満たしているという保を得られるとともに、脆弱性に関するリスクを低減、緩和することができます。また、プログラムへの参加により、RPAセキュリティ分野における当社のリーダーシップが強化されるほか、お客様の開発プロセスPCI-DSSHIPAA、SOXへの準拠をサポートし、最も規制が厳しい業界のセキュリティおよびガバナンス要件を満たすための支援ができるようになります。お客様や見込み客の皆様がエンタープライズグレードのRPAラットフォームに期待しているのは、こうした要件を満たすことです」と述べています。

HfS ResearchのCSO(最高戦略責任者)であるサウラブ・グプタ(Saurabh Gupta)氏は次のように述べています。「セキュリティはRPAの導入後に補足的に検討するものではなく、必要不可欠なものです。Global 200090%企業が、全体的なビジネス標の達成に貢献する上位3つの要因の1つにセキュリティリスクの管理を挙げています。今回、Blue PrismがVeracode Verified認定を取得したことは、製品の仕様であるエンタープライズグレードのセキュリティへの取り組みをさらに強化していることを示しています。」

CA Veracode Verified認定には「Standard」、「Team」、「Continuous」という3つのティアがあり、認定を受けた組織は上位のティアに進むこともできます。認定取得後、自社のプログラムを発展、成熟させ、第三者のコンポーネントに対応するとともに、アプリケーションセキュリティの評価方法の対を社内開発コードのみならず第三者が開発したコードにまで広げることで、さらに上のティアに進むことが可です。

アプリケーション開発手法のセキュリティ検証を受けてStandardティア認定を受けるには、セキュリティ要件がソフトウェア開発手法に組み込まれている必要があります。セキュリティ要件には、静的解析により自社開発コードを評価する、自社開発のアプリケーションコードに重大な不具合が存在しないことの明、新たな不具合の発生時に開発者に修正ガイダンス提供するなどが含まれます。


Blue Prismについて
Blue Prismは、RPAロボティクプロセスオートメーション)のパイオニアイノベーター、市場リーダーとして、世界中で新たな働き方を実現するデジタルワークフォースの成功に貢献しています。ソフトウェアロボットは繰り返し作業の自動化を実現するだけでなく、セキュリティコンプライアンス、スケーラビリティという重大かつ厳重なIT要件を満たします。

Blue Prismは最先端のAIおよびコグニティテクノロジを実現するためのスケーラブルで堅な実行プラットフォームを提供しており、Fortune 500社が選ぶ信頼できるセキュアなRPAラットフォームとして認知されるようになりました。Aegon、BNY Mellon、Commerzbank、IBM, ING、MaerskNokiaNordea、Procter & Gamble、Raiffeisen Bank、Siemens、Westpac、Zurichといった有名企業で、Blue Prismロボットが何十億というトラザクション、何億時間にも相当する作業を実行しています。Blue PrismAIM: PRSM)の詳細はwww.blueprism.com/japanをご覧ください。また、LinkedInおよびTwitterBlue Prismをフォローしてください。

配信元企業Blue Prism株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ