肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく新感覚の爽快ミステリー『未解決の女 警視庁文書捜査官』。24日夜9時からテレビ朝日系で放送される同ドラマ第6話に、弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)がゲスト出演。弘中アナがドラマにゲスト出演するのは『TEAM-警視庁特別犯罪捜査本部-』(2014年5月OA分)、『AKBホラーナイト アドレナリンの夜』(2015年11月OA分)に続き3回目となる。


 オファーを受けた弘中アナは「正直なところ『なんで私なんだろう?』と思いました」と素直な胸中を明かす一方「でも、役どころを聞いて、少し安心したんですよ!」と告白。というのも、弘中が今回演じるのはラーメン店の店員役。「学生時代、ずっと飲食店でアルバイトをしていたんです。なので刑事さんの役よりは経験があるし、大丈夫かな」と自信をのぞかせた。

 実際、本番では堂に入った演技を披露し、撮影後には樹下直美監督からも「すごく上手で、落ち着いてましたね。さすがです!」と絶賛された弘中アナ。ところが、実は撮影中思わぬ落とし穴も。何を隠そう「ラーメンをテーブルに置くお芝居」という一見簡単そうな動作に苦労したという弘中アナ。理由は「器が思っていたよりもずっと重くて熱かったから(笑)」。ただ、大変だった分思い入れも強いようで「なかなかうまくいかなくて、何回も撮り直したんですよ。手元だけのカットも正真正銘、私の手ですからね(笑)。ぜひ、そこも注目してほしいです」とアピールした。


■波瑠&鈴木京香を目の前に弘中アナ大緊張「圧倒されっぱなしでした」

 弘中アナが出演したのは、ラーメン店で朋と理沙が腹を割って話をするシーン。理沙の身の上話や、朋の理沙に対する素直な思いが聞ける貴重な場面だ。「波瑠さんと鈴木京香さんを目の前にしたときは『プロを間近で見た!』という感覚を覚えました。おふたりの目力がすごくて、もう圧倒されっぱなしでした」と話す弘中アナ。「こんなにも近い距離で、第一線で活躍されている女優さんと対面する機会は普段ないので、すごく緊張しちゃいました。もう『そんなに私を見ないで!』って感じでしたね(笑)」と興奮交じりに撮影中の心境を語った。


 また、弘中アナは「『未解決の女』は大好きなドラマで、毎回見ている」と話す。「そんな作品に出られるなんて光栄ですし、気合を入れてかなり役になりきりました。流し見しちゃうと、私かどうか分からないかもしれませんよ~。頑張って見つけてみてくださいね」と視聴者に呼びかけた。


■お芝居にも興味…?「普段の自分とは違う役をどんどんやってみたい」

 アナウンサーがドラマにゲスト出演する場合、アナウンサーもしくはリポーターの役を演じることが一般的。しかし、弘中アナは「アナウンサーの仕事は普段やっているので、全然違う職種の役が来ると、うれしいですね」と語る。芝居自体にも関心が高いようで「普段の自分とは違う役をどんどんやってみたいな、という気持ちがあります」と話した。


<第6話あらすじ>

 ダンサーの遠藤千鶴(板野友美)が鉄パイプで頭部を殴打され、殺害された。犯人は財布を奪って逃走。警察は強盗目的と怨念の両面から捜査したが、事件解決につながる手がかりは見つけられぬまま、時が過ぎていった――。


 その6年後、「特命捜査対策室」第6係の熱血刑事・矢代朋(波瑠)は高校の同窓会に参加。そこで再会した磯野賢治(柳下大)から、千鶴を殺した犯人が分かったかもしれないと耳打ちされる。そう…千鶴はほかでもない、朋たちの同級生だったのだ!どういうことなのか気になった朋は、磯野が雇われ店長をしているカフェバーへ。同窓会グループのSNSページを初めて見せられ、そこに登録しているメンバーの中に犯人がいる、との推理を聞かされる。だが、磯野が何かを言いかけた途端、同窓生の西島圭人(桐山漣)と袴田高一郎(榊原徹士)が来店し、会話は中断。朋は続きが気になりながらも、磯野に促されるまま帰宅する。


 ところが3日後、とんでもない事件が起こってしまう。磯野がカフェバー内で何者かに刺殺されたのだ!しかもその日、磯野が同窓生・吉井友莉子(入山法子)と口論している現場を、従業員が目撃しており…!?激しく動揺する朋。そんな朋を心配した刑事・草加慎司(遠藤憲一)の呼びかけで、第6係は自発的に捜査を開始。磯野が言っていた同窓会グループの投稿に注目する。そんな中、文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)は、一見どうでもいい話を綴った千鶴の投稿文の中に、ある暗号を見つけ出し…