昨年、過去大会最高人数のエントリーを記録した「SUP ジャパンカップ (*)」が、早くも今年の開催を発表。
*本大会は日本主催の唯一のSUP国際大会としてスタートし、世界レベルの競技を通して、国内のSUP競技の水準の向上、日本選手の育成、SUPカルチャーの普及を目的とし、日本のSUP競技会の最高峰のひとつに数えられています。


4回目を迎える今年はウォーターシーズンのピーク時期9月での開催を予定、国内外からの更なる参加選手の増加が見込まれています。世界レベルの競技を日本開催することで、プロ競技が浸透する環境作りと、次世代の育成に努め、SUP競技におけるダイバーシティ(多様性)を推進し、日本のSUPカルチャーを牽引していきます。
2018年大会では、日本におけるSUP競技の大会のフラッグシップとなるべく、3つの指針を掲げています。詳細は大会公式サイトなどで、随時アップデートされます。

配信元企業:NPO法人 SUPU スタンドアップパドルユニオン

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ