奈良市中町の霊山寺で色とりどりのバラが咲き誇り、参拝者や観光客の目を楽しませている。縁が淡いピンクに彩られ、白い大輪の花を咲かせる「プリンセス・ド・モナコ」や、鮮やかな赤で見る者をくぎ付けにする「オリンピックファイヤー」など、世界各地のバラ約200種2000株が見られる。見ごろは6月初旬ごろまで。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

訪れた人たちは時々立ち止まりながら鮮やかなバラに見とれていた=奈良市中町の霊山寺で2018年5月17日、大笹久光撮影