チュートリアル徳井義実の熱報道された。5月10日発売の「女性セブン」によると、18歳年下の「チャラン・ポ・ランタン」のボーカル・ももと交際、自宅デートを繰り返していたという。この報に寝のあまり、びっくり仰した人たちがいる。徳井が所属する独身芸人の会「アローン会」のメンバーだ。

「この会は今田耕司会長を務める独身芸人の会です。グループLINEで結ばれた親組織で、メンバーナインティナイン岡村隆史、徳井、ピースの又吉直樹今田の悩みは売れっ子ぞろいのためスケジュールが満杯で、なかなか会合が開けないことでした。先日も今田が招集をかけたところ、今田以外全員仕事が入っていて流れたとか。今田にすれば、後輩愚痴を聞いてもらったり、慰められたり、励まされたりといった癒やしツールになっていたようですから、相当ストレスがたまっているみたいですよ」(芸ライター

 徳井が会にも参加できないくらいの仕事好きかと思いきや、実は自宅でよろしくやっていたというのだから、驚くのも理はない。

「一方、事前報告がなかったことで、『手がふるえる』ほどショックを受けたのが、岡村5月10日放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史オールナイトニッポン』で、明らかにしています。岡村は徳井の記事を貼り付けてメンバーに送信。徳井に説明、脱退、罰則を与えるよう、今田に直訴するほど奮していた」(前出・芸ライター

 徳井からは「いろいろご迷惑をおかけしてすみません」という返事が来ただけ。それでますます頭にがのぼっていったようだ。しかし、「岡村の言うことは矛盾している」と摘するのは、ネットライターだ。

「もともと『彼女ができたら、何も言わずLINEグループから退会するのが、ルールだった』そうです。ところが、いざ徳井に彼女ができたら、岡村手のひら返しする。裏切りだ、罰則を与えろなんて息巻くのは、筋違いなんじゃないですか」

 岡村が問題にしているのは、事前報告なし、事後報告ですませたことだという。徳井には番組を通し、「心からの反アローン会への復帰を望んでいる」とまで熱弁をふるった。これでは、さっさと「女と別れて男4人で慰め合おうぜ」という意味にも聞こえてしまう。仲間幸せを素直に喜べないのだとしたら、岡村に「が来ない」のも仕方なし!?

勢知央/写真:パシャ)

アサ芸プラス