海外の偉人も、偉業には食生活が連動していたようだ。時代を越えワールドワイドに振り返ってみよう。

 人類史上最大の大モンゴル帝国を築き上げた男、チンギス・ハン65歳の生涯を終えるまで、そのエネルギー、スタミナが枯れることがなかった。女性は略奪の対であり、強い男は、何人もの女性を持つことができ、ハン500人もの妻を持ったと言われている。

 そのエネルギー羊肉マトン”だった。マトンとは生後20以上ののことだが、このマトンユッケは強壮効果がすごい。試す価値はあると言うのが、好氏だ。

マトンの生包丁いてミンチ状にし、ニンニクを加える。細かく刻んでもおろしてもいい。これにコショウで味付けして食べるんです。とにかく即効性があります」

 続いて、健康食材として優れるカキ伊達政宗の章でも登場したが、ドイツ帝国ビスマルクも大好物だった。美食だった“鉄血宰相”には、〈朝食には16個を、食にはキャビア燻製うなぎを、夕食には生ガキ175個も食べた〉という記録が残っている。結果、64歳時に体重124キロをえていたというが、カキ食の効果か、19世紀という時代に83歳という長寿を得ている。

 一方、芸術世界健康長寿者といえばパブロ・ピカソだろう。ピカソ92年の生涯におよそ1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、〈最も多作な美術である〉と「ギネスブック」に記されている。

 世界中の美術館を自分の絵で埋めるという野望を持っていたピカソの熱情は女性に対しても向けられた。正式な妻以外に多くの愛人を作っている。

 そのピカソの栄養ニンニクだった。そして特に好んだのが“場で殺された暴れ睾丸ニンニク炒め”だったという。

 やはりニンニク古今東西健康長寿には欠かせない食材の一つだったようで、フランスブルボンの始祖として知られるアンリ4世の健康食もニンニクだった。そのせいか、アンリ4世は、公式に発表されただけでも56人はいる。

 性といえば、イギリスプランタジネットの始祖ヘンリー2世も負けてはいない。自他ともに認めるイギリス王室性ナンバーワンで、その一端は映画ライオン」でもうかがえる。

 そんな彼はシナモンベースにしたイポクラスという“媚”を用していたが、精のもとになったのは好物の身欠きニシンだったという。

ニシンには脂質が多く、カルシウムビタミンが多く、若返りの効果があります。また精となる亜鉛の含有量が群を抜き、レバーの10~20倍にもなるんです」(川田氏)

 確かにヨーロッパでは「ニシンのたくさん獲れる町では医者が少ない」ということわざがあるほどだ。

 どこでも、身近な食材に健康のもとがあるようである。

アサ芸プラス