「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

2017年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」、そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、食品会社の営業部で営業職として働いている和子さん(仮名・32歳)。

和子さんは、肩までのふんわりとウェーブした髪をひとつにまとめ、マスカラとグロスを塗っただけの華美ではないナチュラルメイクで誠実そうな印象。ややふくよかな体型だが、紺色のゆったり目のサマーニットと、ベージュのクロップドパンツにローヒールを合わせた着こなしは、同性からも好感度が高そうだ。

「今は食品会社で、ベビーフードや高齢者向けの介護食の営業を担当しています。もともと興味がある分野だったので、やりがいがあります」

そう語る、和子さん。商品開発の部署とも連携し、試作品の試食も自ら行なう。休みの日は自らハンドルを握り、郊外にある大型のドラッグストアに足を運び、商品の陳列棚を確認しているそうだ。目に入るものすべてが、仕事に繋がると思っている。

和子さんは父親が40代、母親が38歳の時に埼玉県で生まれた。県立高校の国語教師だった父と、小学校の支援員やビルの清掃スタッフとして働いていた母の3人家族。両親が高齢出産だったため、幼少期は過保護に育てられた。3歳になるまでは保育所などには通わず、家でテストの採点の内職を行なう母のもとで育てられた。幼稚園も、モンテッソーリ教育と呼ばれる情操教育を取り入れた園に通わされた。家から園が遠かったため、幼稚園で母のお迎えを最後の1人になるまで待っていることもあった。父は、通常業務以外にも生徒たちの進路指導や部活動の指導員などで忙しい中、必ず19時までには帰宅し、和子さんと一緒に夕飯を食べるようにしていた。和子さんは、家族で過ごす時間が当たり前のように感じて育った。

彼女の母の口癖は“できるだけ自分でやりなさい”。幼児の頃から、着替えや片付けはなるべく1人でやるように躾けられた。外の施設で遊んだ時も、自分だけ遊具を元に戻し、大人から褒められた。母を厳しく感じた時もあったが、大人になってからはこの時の記憶を思い出し、母に感謝している。

小学校に入学すると、外で遊ぶよりも本を読んだり、図鑑を見たりするのが好きになった。小学校高学年になると、一部の児童たちが中学受験に向けて塾に通い始めるようになった。勉強は嫌いではなかったが、父が深夜までの塾通いに難色を示した。彼女も小学校で仲良くなった友達と別れるのが嫌で、都内の私立中学を受験せず、そのまま地元の中学に進学した。

中学に入学して、吹奏楽部に入部した。小学生の時に遊びに行った学園祭で見た、演奏姿が忘れられなかったのだ。最初は自分の楽器を持っていなかったため、中学にある楽器を借りて練習した。彼女は中学の頃から、体重が増え始めぽっちゃりとした体格だったので、小柄な同級生よりも肺活量があったために、パート決めの際にユーフォニアムを担当することになった。他の楽器と比べ華やかさがなく、低音パートを吹くために個人練習も楽しく感じることはなかった。

古い考え方の母と衝突し、家に帰るのが嫌だった反抗期

部活を続けるか辞めるか悩んでいると、母親に“卒業まで続ける気がないなら部活を辞めなさい”と叱られた。部活動で親しくなった友人もいたため、結局部活を続けることに。彼女の母は、“何事も積み重ね”、“途中で辞めたらどこにいっても1年生”とよく言っていた。当時はその意味がよくわからなくて、元々ピアノや管楽器の習い事をしていた部員たちがソロパートを弾いているのを見ると羨ましく感じていた。気づけば「私なんて……」が口癖の、卑屈な性格になっていた。

高校は、学区でも有数の県立の女子校に進学。他校の生徒と交流がある派手なグループとは距離を置き、吹奏楽部に所属し、放課後は部活動に励んだ。家族3人そろっての夕食は高校に入学しても続いた。時々、親に反抗したつもりで、本屋に寄り道をして帰ったり、遅い時間に帰宅するようになる和子さん。彼女は、若々しい母親と友達のようにショッピングに出かけている同級生を見かけると、高齢の母と出歩くのが恥ずかしくなることもあった。そうして高3になると、家で過ごす時間が嫌で予備校に通うようになったが、まだ将来何がしたいか定まってはいなかった。

両親から、看護師や教職のような資格が取れるような進路を勧められるが、反発心から大学は私立大学の文学部に進学。そんな時、60代になった父が脳梗塞で倒れた。リハビリ期間を含め、1か月ほど入院を余儀なくされる。父や母の老後や介護を考えると、自分だけ大学生活を満喫する気にはなれなかった。

「その当時は、吹奏楽の演奏会を通じて知り合った他大の彼氏がいたのですが、だんだん会う日が少なくなって自然消滅しました。もう仕事しかないと思って、なにか資格をと考えたのですが、大学に入学してからじゃ遅かったんです。会計や法律などが学べる経営学部か法学部へ進学すればよかったと後悔しました」

父は退院後すぐに教育現場に復帰、定年まで勤めあげる。その姿を見て和子さんは、自分も一生働けるような会社に就職しようと決意し、興味があった食品会社を中心に就活を始めた。

吹奏楽部では、がっちりとした体格だったため、いつも後列のポジションだった。

電話応対もできず、派遣社員と同じ業務内容に自信喪失!一念発起し自社製品をリサーチするように……~その2~に続きます。

関連画像