【家政夫のミタゾノ/モデルプレス=5月18日】TOKIOの松岡昌宏が主演を務める金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系/毎週金曜よる11時15分~)の第5話が18日、放送される。

【さらに写真を見る】椿鬼奴のTシャツに注目…佐藤仁美、-12キロ達成後ドラマ初出演

◆松岡昌宏主演「家政夫のミタゾノ」

今作は、松岡扮する女装した家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ。2016年10月クールに金曜ナイトドラマで放送され、老若男女幅広い世代から反響を呼んだ同ドラマが1年半ぶりに復活する。

松岡のほか、三田園が所属する「むすび家政婦紹介所」の新人家政婦・五味麻琴役を女優の剛力彩芽が演じる。

◆第5話あらすじ

有名デザイナー・森品千恵子の家に派遣された三田園薫(松岡昌宏)と五味麻琴(剛力彩芽)。しかし三田園たちを出迎えた女性(佐藤仁美)はどこか落ち着かない様子で、「実は用事があったのを忘れていた」と話し、ふたりに帰るよう命じる。

と、そこに広告代理店の岡見という男性が現れ、女性を「森品先生」と呼ぶ。依頼していた広告デザインの締め切りがとうに過ぎており、その催促にやってきたのだ。

「デザインをもらうまでは帰れない」――そう告げて家に上がり込む岡見。結局三田園と麻琴は、デザインが上がるまでの間、掃除、洗濯、食事の世話などをすることになる。

しかしこの女性、実は“森品千恵子”ではなく、千恵子(宍戸美和公)の家で家政婦として働く“木口一美”という人物だった。デザイナーの卵である一美は、自分の作品を盗んで発表した千恵子と言い合いになり、揉み合ううちに千恵子が棚の角に頭をぶつけ、昏倒。

“森品千恵子”がこれまで、世間に顔出しをしてきていなかったことを思い出した一美は、倒れた千恵子を咄嗟に風呂場に隠し、彼女に成り代わることを思いついていたのだ。

そんな中、意識を失っていた千恵子が目を覚ます!ところが千恵子は自分が誰だか忘れてしまっていた…。三田園から、千恵子の正体を聞かれた一美は「前に雇っていた家政婦だ」と嘘を。

一美は“デザイナー・森品千恵子”として、千恵子は”家政婦・木口一美”として、なんとか三田園たちの目を誤魔化そうとするが、三田園は挙動不審な一美に疑念を抱き…?

(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
佐藤仁美、宍戸美和公、剛力彩芽/「家政夫のミタゾノ」第5話より(C)テレビ朝日